Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ソーシャルメディアとデジタルメディアを中心に、テクノロジーに関する記事を執筆

bloomua / Bigstock



ツイッターは同社の動画広告サービスTwitter Amplifyを拡大。より多くのコンテンツホルダーや広告主を取り込んでいく意志を鮮明にした。

Amplifyはテレビ局やスポーツチーム、音楽レーベル等のコンテンツパブリッシャーが動画を登録。広告主はパブリッシャーの動画内に、自社の広告動画を挿入して配信できる仕組み。この機能は2年前に公開され、日本でもテレビ朝日や吉本興業などが利用している。

今回の機能アップデートのポイントは、パブリッシャーの動画と広告主側の動画が自動的にマッチングされ、広告動画の配信が可能になったこと(これまで広告主は出し先として、特定の動画を選択する必要があった)。今後、広告主らはターゲット層のカテゴリ(年齢層や関心領域)を選択するだけで、それにマッチする動画に自動的に広告を挿入できるようになる。

パブリッシャー側は広告料の70%を受け取れる。

この新バーションのAmplifyは10月8日から、テスト版として米国内で公開されたが、今後、時間をかけてグローバルに拡大していく予定。Amplifyは現状で20ヶ国以上で利用可能になっている。

ツイッターのシニア・プロダクトマネージャーのDavid Reganは同社のブログで次のように述べた。

「今回の取り組みで、さらに多くのコンテンツパブリッシャーやクリエイターらに、動画のマネタイズの機会を与えたい。広告主にとっては、より多くのオーディエンスに広告を届け、優れたコンテンツをサポートする機会となる」

調査会社eMarketer はツイッターの米国での広告売上が前年度から57.2%上昇し、2015年に13億ドル(約1560億円)に達すると推計。同社は米国でのツイッターのデジタル広告分野でのシェアが、2014年度の1.7%から2015年度には2.2%に上昇すると見積もっている。

ツイッターは10月5日、新CEOにジャック・ドーシーを任命。新たな取り組みを加速させていくとアナウンスしていた。

文=キャスリーン・チャイコフスキー(Forbes)/ 翻訳編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい