Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界のトップ企業と富豪たちのランク付けを担当

Denys Prykhodov / Bigstock


企業価値が10億ドル(約1,200億円)に達するスタートアップの数がますます増え、ITバブルを警告する声が高まっている。しかし、それらの企業の価値を高騰させているのは、従来とは異なる投資家達なのかもしれない。

Sequoia CapitalやAndreessen Horowitzのようなトップクラスのベンチャーキャピタルが、10億ドル以上の価値があるスタートアップを発掘し、投資をすることに長けているのは当然のことだ。しかし、調査会社PitchBookによる最近のレポートによると、投資信託やヘッジファンドなどが「ユニコーン」(企業価値が10億ドル以上のスタートアップ)の資金調達に参加するケースが増えているという。

ユニコーンへの投資ランキングでは、投資信託のT.ロウ・プライスが14社のユニコーンに出資し、Sequoia Capital、Andreessen Horowitz、Kleiner Perkins Caufield& Byers、SV Angelに次ぐ五位となっている。ゴールドマン・サックスとWellington Managementは、12社への出資で七位に並び、Peter Thielが立ち上げたベンチャーキャピタル、Founders’ Fundの六位に続いている。Tiger Global は9社、Fidelity Investmentsは8社に出資し、何れも上位にランクインしている。

次に、ユニコーンの中で、投資信託やヘッジファンドの投資マネジャーから最も高い支持を得ている企業を見てみよう。一位は、スウェーデン生まれの音楽ストリーミングサービスであるSpotifyで、D.E. Shawやゴールドマン・サックスなど大手六社から出資を受けている。企業価値500億ドル(約6兆円)で、世界で最も価値の高い非上場企業であるUberは、ブラックロック、Pine Capital、T.ロウ・プライス、Goldman Sachs、Valiant Capital Partnersというウォールストリートで最も著名な五社から巨額の出資を得ている。

他には、SNSのPinterestや、ピアツーピアで融資を行うProsper Marketplace、インドのEC大手Flipkartも大手数社から出資を受けている。

ベンチャーキャピタルでないこれらの投資家たちが、ドットコムバブルの再来とも言えるほど企業価値が高騰するユニコーンに出資する理由は何なのだろうか?PitchBookでユニコーンに関するレポートを編集しているAlex Lykkenは、15年前と今日との大きな違いは、契約条件におけるダウンサイドプロテクションだと言う。

「現在では、ダウンサイドプロテクションが非常に強固で、企業価値が暴落しない限り投資家は打撃を受けない」とLykkenは話す。例えば、多くの契約では、出資した企業が買収された場合、後から出資をした投資家は、初期の投資家よりも優先的に払い戻しを受けることができる。他にも、IPOにおける最低株価の要求権や、株価が上場前に実施された資金調達ラウンドの企業価値と見合わなかった場合に、上場に対する拒否権が与えられることすらある。「彼らが大きなダメージを受ける可能性はそれほど高くない」とLykkenは話す。

投資信託やヘッジファンドなど、非ベンチャーキャピタルの投資マネジャーたちは、今最もホットなテック系スタートアップのIPOの最前線に身を置きたいと願っている。最近の株価暴落によって年初からの値上がり益が吹き飛んだ中ではなおさらだ。
「これらのスタートアップの多くは、上場後も業績が好調である可能性が高い。投資信託にとっては、ユニコーンへの出資で20-30%のリターンが得られるのであれば、他の投資によるリターンが低い今は、特に関心が高いだろう」とLykkenは話す。

ユニコーンへの投資は、利益が上振れする可能性があり、強固なダウンサイドプロテクションによって保護されるとは言え、企業価値が10億ドルに達するスタートアップが世界中で毎日のように誕生している中にあっては、まだ疑問が残る。「これらのスタートアップが上場したり買収されないと、ベンチャーキャピタルよりも投資スタイルが短期的な投資信託やヘッジファンドにとっては大きな問題となる」とLykkenは言う。「ユニコーンに出資している投資家の多くは、VCよりも気が短かい」

下記に企業価値が10億ドルに達するスタートアップと、それらに出資する投資信託とヘッジファンドのリストを掲載する。

Spotify
出資企業:D. E. Shaw & Co.、Discovery Capital Management、ゴールドマン・サックス、Halcyon Asset Management 、Lansdowne Partners、P. Schoenfeld Asset Management

Uber
出資企業:ブラックロック、ゴールドマン・サックス、Lone Pine Capital、T.ロウ・プライス、Valiant Capital Partners

DocuSign
出資企業:Brookside Capital Partners Fund 、ClearBridge、Sands Brothers & Company、Wasatch Funds、Wellington Management

Flipkart
出資企業:GIC Group、Steadview Capital Management、T.ロウ・プライス、Tiger Global Management

Pinterest
出資企業:Columbia Partners、ゴールドマン・サックス、Valiant Capital Partners、Wellington Management

Prosper Marketplace
出資企業:クレディ・スイス、JPモルガン・アセット・マネジメント、Passport Capital、SunTrust Banks

Dropbox
出資企業:ブラックロック、ゴールドマン・サックス、T.ロウ・プライス、Valiant Capital Partners

WeWork
出資企業:ゴールドマン・サックス、T.ロウ・プライス、Wellington Management

Olacabs
出資企業:GIC Group、Steadview Capital Management、Tiger Global Management

Airbnb
出資企業:T.ロウ・プライス、Tiger Global Management、Wellington Management

文=リヤン・チェン(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい