Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブステクノロジーチャンネルのシニアニュースプロデューサー

Photo by Aaron Durand (@everydaydude) for Twitter, Inc.

ツイッターは決済会社スクエアと連携し、米国大統領候補者らに政治献金を送れるプラットフォームを公開した。

ユーザーらは候補者のツイートを読み、彼らが大統領にふさわしい人物と考え、寄付金を提供したいと思った場合、ツイッターからダイレクトに寄付金を送ることが出来る。

利用にあたり候補者らはスクエアに申請を行い、認可されると寄付ボタン付きのツイートや「キャッシュタグ」を配信する権限を与えられる。ボタンをクリックしたユーザーは、即座に献金額を入力し、クレジットカードやデビットカードによる決済が可能だ。候補者らはこの機能を無料で導入できるが、スクエアは献金額の1.9%を手数料として徴収する。

ツイッターは今回の試みに関し次のような声明を発表した。
「この仕組みはデジタル政治献金の分野で、最も迅速で簡単に使えるツールとなり、候補者らに効果的な献金集めの手段を提供します。2016年の大統領選を前に、世間では候補者らに関する関心が高まり、ツイッター上では毎日のように選挙がらみのツイートが投稿されています」

翻訳編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい