Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

メディアとエンターテイメント担当

Chelsea Lauren / WireImage

世界で最も稼ぐ映画女優のランキングを作成するため、フォーブスは2014年6月1日から1年間に各女優が得た収入(手数料および税金を差し引く前の額)を算出した。これらの数字は、ニールセン、Box Office Mojo、IMDBのデータと、各エージェントやマネージャー、弁護士への取材を基に推定している。

第1位:ジェニファー・ローレンス
5,200万ドル(約62億7,500万円)
『ハンガー・ゲーム』3部作で演じたカットニス・エヴァディーンのおかげでジェニファー・ローレンスが第1位となった。この連作でローレンスは女性アクションヒーローとしての集客力の高さを見せつけ、そのためにその後の出演映画では、興行収入におけるRYT配分をかなり有利に交渉している。ハンガー・ゲーム以外では、『世界にひとつのプレイブック』で共演したブラッドリー・クーパーと、現在制作中のコメディードラマ『Joy』で再会を果たした。また、ローレンスは女優業で得た収入以外に、ディオールの広告塔としても高収入を得ている。

第2位:スカーレット・ヨハンソン
3,550万ドル(約42億8,400万円)
スカーレット・ヨハンソンの評判と彼女の出演作品の売上は、上昇気流に乗っている。マーベル・スタジオの映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』への出演や、4億5,900万ドル(約553億8,800万円)を売り上げた『LUCY/ルーシー』での初のソロアクションヒーロー役を通し、ヨハンソンは自身の集客力の高さを証明した。今後撮影が予定されているハリウッド版実写映画『攻殻機動隊』では1,750万ドル(約21億1,200万円)のギャラを得るものと推定される。彼女はドルチェ&ガッバーナやソーダストリームから広告契約料も得ている。

第3位:メリッサ・マッカーシー
2,300万ドル(約27億7,500万円)
『ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン』に出演したマッカーシーは、2015年の『スパイ』と2014年の『Tammy』では主演女優を務めた。これらの映画の世界興収は合わせて3億3,500万ドル(約404億2,500万円)となり、マッカーシーの年収は過去最高となった。その後彼女はファッションビジネスに目を向け、サイズ展開が豊富なブランドを立ち上げた。「女性たちが自分に自信を持てるように私にできることがあれば何でもしようと思い始めたのです」とマッカーシーはフォーブスに語った。

第4位:ファン・ビンビン(范冰冰)
2,100万ドル(約25億3,400万円)
アメリカ人以外でランキング入りを果たしたのはファン・ビンビンのみだ。中国映画『The White-Haired Witch of Lunar Kingdom』などへの出演により高額の収入を得たほか、スイスの高級時計ショパールやロレアルの広告契約料も加算され、ランキング入りした。おそらくアメリカの映画ファンの間では『X-MEN: フューチャー&パスト』の出演者として最も知名度が高いだろう。

第5位:ジェニファー・アニストン
1,650万ドル(約19億9,100万円)
ジェニファー・アニストンは当リストの常連の1人だ。映画の出演本数は少なめながら、広告出演料からしっかり稼いでいる。今回の集計期間(2014年6月1日から1年間)に出演した映画は、インディーズ映画『Cake』とコメディー映画『モンスター上司2』の2本で、これらの興行収入は合計1億860万ドル(約131億500万円)だった。人気テレビ番組『フレンズ』が終了して11年になるが、アビーノやSmartWater、Living Proofの広告塔として活躍している。

第6位:ジュリア・ロバーツ
1,600万ドル(約19億3,100万円)
ランコム、ジバンシー、Calzedoniaなど、ビューティー・ファッション分野の広告契約料が主な収入源となり、ジュリア・ロバーツが再びランク入りを果たした。ヒットメーカーの名は過去のものとなった彼女は、『瞳の奥の秘密』のような自身が本当に望む映画にのみ出演している。同映画は2009年にアカデミー賞を受賞したアルゼンチン映画のリメイクで、ニコール・キッドマンが共演している。

第7位:アンジェリーナ・ジョリー
1,500万ドル(約18億1,000万円)
こちらもランキングの常連のアンジェリーナ・ジョリー。最近は製作者として脚本・監督を務める時間が多くなっている。今後公開予定の映画『By The Sea』では脚本、監督を務めつつ、夫ブラッド・ピットと共演。人権問題を熱心に唱え、難民問題に取り組む国連特使としても活動している。

第8位:リース・ウィザースプーン
1,500万ドル(約18億1,000万円)
リース・ウィザースプーンは、コメディー映画『キューティー・コップ』では失敗したものの、最近の活躍は目覚ましい。女性が演じられる役割に幅がないことを不満に思い、個性の強い女性が主人公の小説を映画化する権利を獲得するため、プロデューサーのBrunaPapadenaと共に映画製作会社を設立した。1作目は2013年の『ゴーン・ガール』(世界興収:3億6,800万ドル)で、ウィザースプーンとPapadenaが共同で制作にあたった。また、主演女優賞と助演女優賞でアカデミー賞にノミネートされた『わたしに会うまでの1600キロ』(世界興収:5,200万ドル)でウィザースプーンはプロデューサーを務め、主演もしている。次々に新作を生み出し女優として精力的に活動してきたことで、2011年に当リストから外れたウィザースプーンは今年再びリスト入りを果たした。

第9位:アン・ハサウェイ
1,200万ドル(約14億4,800万円)
多額の予算を投じたアニメーション映画『ブルー2 トロピカル・アドベンチャー』でジュエルの声を担当したアン・ハサウェイは、2016年のティム・バートンの映画『アリス・イン・ワンダーランド2』への出演が決まっている。

第9位:クリステン・スチュワート
1,200万ドル(約14億4,800万円)
『トワイライト』シリーズの後、クリステン・スチュワートは女優としてベラ以外の役もこなせることを証明しようと必死に取り組んできた。シャネルのモデルを務める彼女が最近出演した映画は、『アクトレス~女たちの舞台~』やジュリアン・ムーア主演の『アリスのままで』など。『American Ultra』に出演後はアン・リー監督の『Billy Lynns Long Halftime Walk』でヴィン・ディーゼルとの共演が決まっている。

第11位:キャメロン・ディアス
1,100万ドル(約13億2,700万円)
『SEXテープ』は失敗作だったかもしれないが、当ランキングに常連のキャメロン・ディアスは、『The Other Woman 』や『ANNIE/アニー』などへの出演料で手堅く稼ぎ、また長年のタグ・ホイヤーとの広告契約のおかげで今年もその座を守った。

第12位:グウィネス・パルトロウ
900万ドル(約10億8,600万円)
今年グウィネス・パルトロウは、映画出演よりもヒューゴ・ボスやマックスファクターの広告への出演で多額の収入を得た。自身が送るライフスタイルを提案するウィークリーニュースレターのGoopは、フライドチキンの作り方から悪い習慣を断つ方法まであらゆることを読者に提案している。

第13位:メリル・ストリープ
800万ドル(約9億6,500万円)
これまでアカデミー賞へのノミネート回数が最も多い女優であるメリル・ストリープは、絶え間なく仕事のオファーが舞い込む身分だ。『Suffragette』のような小規模ながら賞の獲得が期待できる映画と『イントゥ・ザ・ウッズ』のような大型映画と、バランスをとりながらオファーを受けている。『イントゥ・ザ・ウッズ』の評価は割れたが製作費500万ドル(約6億300万円)に対し世界興収は1億7,200万ドル(約207億5,500万円)だった。

第13位:アマンダ・サイフリッド
800万ドル(約9億6,500万円)
当リスト初登場となるアマンダ・サイフリッドは、『Ted 2』と『PAN ネバーランド、夢のはじまり』への出演と、ジバンシーやクレ・ド・ポー・ボーテとの広告契約によりランク入りを果たした。

第13位:サンドラ・ブロック
800万ドル(約9億6,500万円)
昨年、当ランキングでトップに輝いたサンドラ・ブロックは、12カ月間の休業をはさみ、年収は昨年の5,100万ドルから800万ドルへと減少した。アニメ映画『ミニオンズ』ではスカーレット・オーバーキルの声を担当。ジョージ・クルーニーが製作する南米の選挙運動戦略に関するドキュメンタリー映画『Our Brand Is Crisis』のリメイク版への出演が決まっている。

第16位:エマ・ストーン
650万ドル(約7億8,400万円)
エマ・ストーンは今年、観客動員数の多いメジャー映画で成功を収めた上、『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』といった小規模な良作映画への出演で批評家から称賛された。ブラッドリー・クーパーと共演したロマンティック・コメディー『Aloha』は振るわなかったかもしれないが、前払いの出演料とレブロンとの広告契約により、高収入を維持した。

第16位:ミラ・クニス
650万ドル(約7億8,400万円)
製作費1億7,600万ドルを投じた『ジュピター』は、その製作費をやっと上回るだけの興収に終わり、ワーナー・ブラザーズにとっては手痛い失敗となったが、ヒロインを務めたミラ・クニスは100万ドル以上を稼いだ。テレビアニメ『ファミリー・ガイ』のメグの声を担当する彼女は、Gemfields jewelryの広告塔も務めている。

第18位:ナタリー・ポートマン
600万ドル(約7億2,400万円)
ナタリー・ポートマンは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』などの出演料を得て、アモス・オズの小説『A Tale of Love and Darkness』の映画化に情熱を傾け、同映画で脚本・監督デビューを果たした。ディオールの香水のモデルを務める彼女は、クリスチャン・ベールと共演した『Knight of Cups』など他の小規模映画にもいくつか出演し、多忙な日々を送っている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい