閉じる

PICK UP

テクノロジーと、私たちの影響に関する執筆を担当。

ライドシェアの業界でウーバーはトップにあるが、競合であるリフトも負けてはいない。(Courtesy of Lyft)



配車サービスの分野でUberは圧倒的優位に立っている。しかし、ライバル企業のLyftも健闘している模様だ。

Wefiのアナリストの調査によると、Lyftユーザーのアプリ起動率はUberユーザーのそれより高い。また、Uberユーザの中でLyftのアプリもインストールしているユーザーはここ数ヶ月で明らかに増加しているという。これらはLyftがUberのマーケットシェアを奪っていることを示していると言えるだろう。両社は2012年以来、競合関係にある。

今回の調査データはWefi Inteligenceによりフォーブスに提供された。Wefi社は匿名化されたモバイルユーザの行動データを追跡している。同社は創業当初、無料WiFiの接続先を探すアプリをローンチしたが、その後、パートナー企業のアプリをインストールしたモバイル端末の行動分析を行うアナリティクス企業として成長した。

同社のデータ収集エンジンは米国内の約100万台のAndroid端末上で動作しており、そのうち10万4,000台の端末が配車アプリを今年の5月までの間にインストールしたという。

その中でUberが最も多くインストールされており、分析した携帯の約6%にインストールされている。一方、Lyftは1%前後であるが、WefiによればLyftには異なるアドバンテージが存在する。Lyftアプリをインストールしたユーザー使用率はUberアプリをインストールした人に比べて、より高い割合にて使用される傾向が見られる。

LyftはまたUberからユーザを奪っているかもしれない。2015年の最初の4ヶ月でUberユーザの内、Lyftアプリもインストールした人の割合は6%から10%へと増加した。LyftのCEO、ローガン・グリーンは1月に同社が2014年にUberから市場シェアを奪ったと述べた。Wefiのデータからはユーザーが実際に乗車予約を行ったかを知ることはできないが、少なくとも、Uberユーザーが他の選択肢を検討していることは明らかだと言える。

オースティンやサンフランシスコ等のいくつかの街においては、Lyftの「エンゲージメント率」、つまりアプリを実行した人の人口比率は、Uberの約半分に達している。Uberの売上はLyftの12倍というデータもあるが、それに比較するとかなり良い数字だと言える。

Wefi社の分析はAndroidユーザのみに限定されている点で、不完全なデータかもしれない。しかし、この調査はLyftに対しUberに対抗する手がかりを与えるかもしれない。UberからLyftに移行したユーザを足がかりにして、それらのユーザーがアプリを使用し続けることを促進する施策が有効かもしれない。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい