Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

Charley Gallay/Getty Images for The Honest Company

女優ジェシカ・アルバが設立したHonest Companyは8月14日、新たに1億ドル(約124億円)の資金をシリーズDラウンドで調達したことを発表した。資金調達に際しての同社の評価額は17億ドル(2115億円)以上。今年6月のフォーブス(米国版)の表紙を飾ったジェシカ・アルバの資産価値をさらに押し上げる結果となった。

アルバは現在、Honest Companyの株式の20%を所有。同社はオムツやおしり拭きの販売を2011年からオンラインで開始し、現在は120以上の製品を販売している。

今回の評価額の更新はアルバの資産価値を3億4千万ドル(約423億円)に引き上げ、米国で最も成功した女性としての地位を向上させた。現在34歳のアルバは、米国で最も富裕な“叩き上げの女性( self-made women)”40名のリストに数えられ、その資産額はベストセラー作家のノーラ・ロバーツや、テキサスの石油王のキャシー・レーネと並んでいる。

また、歌手のビヨンセ(2億5千万ドル/約311億円)、YouTubeのCEO、スーザン・ウォシッキー(3億ドル/373億円)の資産価値を上回り、ヤフーCEOのメリッサ・メイヤーに4千万ドルの僅差で及んでいない。

Honest Companyは株式公開が期待されており、それが実現すればアルバが資産10億ドル以上のビリオネアの仲間入りをすることは確実視されている。アルバは共同設立者のブライアン・リーとともに600万ドルの資金で同社を設立した。

今回の資金調達はGlade Brook Capital Partners が主導。その他の出資元はAllianceBernstein LP、 Fidelity Management & Research、 Wellington Management Company 、Institutional Venture Partnersなど。

今回、調達した資金は同社のスキンケア製品や化粧品、ヘアケア製品の拡充に使用されるという。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい