Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology.

duallogic / Bigstock



成長を続けるオンラインメディアを横目に、密かに増殖を遂げているのが広告ブロックソフトウェアだ。

2015年には広告ブロックソフトの使用で、メディア側に220億ドル(約2兆7400億円)の損失が生まれると、アイルランドの企業PageFair社はリポートしている。今回の調査はアドビと共同で行われた。

報告によると、広告ブロックソフトは主にPC向けに世界で1億9800万人に利用されており、昨年は利用率が42%増加。特に米国では48%も増加しているという。

広告ブロックソフトはモバイルではまだ、さほどの存在感を示していないが、9月に登場するiOS9にはこの機能が実装されており、今後に大きな変化をもたらす可能性も指摘している。現状ではモバイル上の広告ブロックソフトの使用は全体の1.6%を占めるに過ぎないが、今後さらに多くのユーザーがこの手段を用いるようになるだろう。

「広告ブロックソフトはデスクトップのみならず、アジアでは既にモバイルに進出している。iOS上のコンテンツブロックが普及するにつれて、西側諸国でも同様な動きが進んでいくだろう」とPageFair社は述べている。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい