Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

金融市場に関する記事を中心に執筆

Twin design / Bigstock

Twin design / Bigstock

ツイッターが全米フットボール・リーグ(NFL)との間で複数年契約を行った。より多くのユーザを同社のプラットフォームに呼びこむことが狙いだ。この発表と同時に暫定CEOのジャック・ドーシーが3万1000株以上、87万5000ドル(約1億1千万円)に及ぶ自社株を購入したこともSECへの届出から分かった。その後、ツイッターの株価は7.8%上昇。29.17ドルに逹した。

ジャック・ドーシーはツイッターの共同創業者であるが、同社が新しく正規のCEOを見つけるまでの暫定CEOだ。しかし、投資家のクリス・サッカはドーシーをフルタイムのCEOに推薦している。前CEOのディック・コストロは先月、同社を去っている。

CFOのアンソニー・ノトもドーシーの支援に加わりツイッター社の株を20万ドル相当購入した。ピーター・カリーやピーター・フェントンを含む役員達も同様に株購入を行った。ジャック・ドーシーのツイッター株の購入額は彼の22億ドル(約2743億円)の純資産に比べればわずかなものだが、投資家らは彼が自社株を購入したことを歓迎している。

ツイッターの株価は今年に入って22%下落し、ここ1年間では35%下げている。7月末の四半期報告の直後に株価は上がったが、その後、ユーザ成長率への懸念から下落していた。直近の決算はアナリストの予測を越える好結果だったが、株価は市場公開後の最低価格まで下落し、一時は公開価格の26ドルに届きそうなほどだった。

ツイッターは経営構造を刷新、新たなリーダーを探しているところだが、NFLとの取り組みは同社の成長率への懸念に対し、一定の回答を示したとも言える。

今回の契約により、NFLは試合中の動画や写真をツイッターに提供し、ツイッター側はNFLのプロモーションに協力する。2社は2013年から提携関係を結んでいるが、今回の契約で、これまで以上に多くのNFLのコンテンツが提供可能になるという。

ツイッターのコンテンツ提携担当のグレン・ブラウンは「過去2年間で、ツイッター上のNFLコンテンツは最高のユーザ・エンゲージメント率を見せてきた。今回、提携内容が拡張されたことにより、ツイッター上でのファンの体験はより強化されるだろう」と述べた。
今回の取り組みは2015年のNFLシーズン開幕と同時に開始される。

興味深いことに、2013年のIPOをゴールドマンサックス在籍中に支えた後にツイッターに転職したアンソニー・ノトは、2008年から2010年まで、NFLのCFOを務めていた。

翻訳編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE