Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

“何を得るにしても、悟りを得よ。”

ネゲヴ・ベン=グリオン大学内にあるMarcus Family Campus
(Courtesy of Ben-Gurion University of the Negev)

ネゲヴ・ベン=グリオン大学内にあるMarcus Family Campus
(Courtesy of Ben-Gurion University of the Negev)

イスラエル経済の奇跡が注目されている。人口800万の小国がハイテク分野の驚くべき業績で世界をリードしている。イスラエル南部のベエルシェバではハイテク分野のパワーハウスがいくつも誕生している。このエキサイティングな状況について、ベンヤミン・ネタニヤフ首相に聞いた


軍と大学と企業を集め、砂漠の真ん中で技術産業を育成

中東のシリコンバレーと呼ばれるイスラエル。この成長の源には何があるのか? 

「アブラハムがベエルシャバを訪れたのが3800年前、今、われわれはこの地を再構築しています」とネタニヤフ氏は語る。

ネゲヴ砂漠の真ん中に位置するベエルシャバに、イスラエル軍の精鋭である特殊情報ユニットを置き、ネゲヴ・ベン=グリオン大学で学ばせる。大学近くに世界の企業をリードするサイバー産業パークを築く。その結果、軍の優秀な頭脳とサイバーセキュリティの専門家、ビジネスに通じた大学の秀才たちとの間で相互作用が生まれた。

「ここがハブなのです。爆発的変化が起こっています。これはとても喜ぶべきことです」とネタニヤフ氏。

相互作用の中で数々のスタートアップ企業が誕生した。彼らは将来到来する問題を予見し、世界の未来を決定する問題に取り組んでいる。どうやってインターネットを守るのか? どうやってサイバーセキュリティを守るのか? どうやって銀行口座を守るのか? どうやってプライバシーを守るのか? どうやって電力網を守るのか? どうやって交通システムを守るのか? どうやって航空機の安全を守るのか? 洪水からは?

セキュリティ分野で世界のトップに

「ハイテク技術は警察にも強盗にもなりえます。わたしたちは良き側に立ち、他者を良き側へ導く助けをしたいと思っています」とネタニヤフ氏。

何事もインターネットからは逃げられない――すべてがクラウドに集まり、成長している。しかしネットは敵国やテロリストグループ、犯罪組織や個人のハッカーたちによる破壊工作や侵入にも開かれている。インターネットは急激に成長しているが、成長の継続には安全と安定性――サイバーセキュリティが必要だ。

「イスラエルはサイバーセキュリティ分野で世界のトップスリーに入ることを目標としてきました。目標に到達しましたがさらに上を目指しています」とネタニヤフ氏。

サイバー空間が他の攻撃や防護と違うのは、ルールを決めるのが困難だということだ。通常の競争、戦争でさえ、たいていはルールは決まっているし、誰が攻撃し防御しているかはっきりしている。しかしサイバー世界ではそこが明確でない上に年々複雑化している。

「手をこまねいているのではなく前へ進もう。やりながら学ぼう、前進しながら防御を築こう。企業も、軍の特殊情報部も、合流している外国企業もそうしています。ここに来るサイバー企業には優遇税制を適用することも決定しました。彼らのビジネスに期待し、ここにエキサイティングな機会をもたらしてくれると考えているからです」

ベエルシャバには若い頭脳が集っている。彼らは枠組みにとらわれずに思考する。この種の才能――大学の研究者、軍、セキュリティ専門家、企業家――が、ひとつの場所に集中し、それが多くのスタートアップ企業とイノベーションを生みだし、かつては考えられなかった産業をつくり出した。

インタビューに答えたイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相。 (Photo by Forbes.com)
インタビューに答えたイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相。
(Photo by Forbes.com)

小国イスラエルが成長できた理由

ではどうやってイスラエルのような小さな国が、ハイテク分野で巨人となれたのか?

「生き残るために国の大きさに比して大きな軍隊が必要でした。軍でもっとも重要なのは頭脳です。軍情報部には格別の投資をしています。軍情報部の発展、特にITでのそれは、ビジネスフレンドリーな環境を作り上げるまでは実現できていませんでしたが今では成果を上げてくれています」

イスラエルでは、トップの頭脳に軍隊経験やネット経験をさせる。もっとも重要なことは、ビジネス環境、企業家環境を構築し、ベンチャーキャピタルのアイデアを紹介したことだ。知的能力がビジネスの能力と一体となった瞬間、イスラエルのハイテク経済は離陸を果たした。

「わたしは首相として、自分の時間のほとんどを捧げてきました。今は、特にサイバーセキュリティでの巨大な成長分野に集中しています。私が信じるに、これから50年の成長エンジンとなるものだからです。問題は過ぎ去ったわけではなく問題解決の必要性は増しています。それを解決していくつもりです」とネタニヤフ氏。

イスラエルはハイテク分野だけでなくテクノロジーと農業、水資源管理の分野でも実績を上げている。ネタニヤフ氏はテクノロジーの開発だけでなく、新しい市場の開発が必要だという。

ハイテク技術による制御で農業の生産性を上げ、水資源の87パーセントをリサイクルするイスラエル。これまで天然資源を持たなかったが、近年天然ガスが発見され、法律整備が終われば輸出を開始するという。イスラエルの今後から目が離せない。

Movie : How The Small State Of Israel Is Becoming A High-Tech Superpower

編集=金子 誠

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい