Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

モバイル業界のアジテーターとイノベーターに関する記事をカバー

ウーバーアプリのシャオミ次期フラッシュセールのスクリーンショット(Image via Xiaomi)

ウーバーはシャオミの携帯端末の「即日配達サービス」を東南アジアで開始する。世界で最も市場価値の高いスタートアップ2社が手を組み、オンデマンド・ショッピングの分野に乗り出すという興味深い試みだ。

ウーバーは既に米国内で商品の配達サービスを計画中だが、それに先駆け7月27日から、シンガポールとクアラルンプールで、運転手がシャオミの最新端末Mi Noteを届けるサービスを行う。これは、Mi Noteがシャオミのウェブサイトから注文可能になる日よりも一日早い。

ユーザーらはウーバーのアプリを開き、画面の下にあるスライダーからシャオミの端末を注文する。すると、マップ上にシャオミブランドのオレンジのウーバーカーが近づいてくるのが確認できる。シャオミによれば注文から数分で顧客らはMi Noteを手にできるという。

シャオミの東南アジア・ゼネラルマネージャーのスティーブ・ビッカーズは「これはシャオミの顧客にとっていち早くMi Noteを入手できる画期的な方法だ」と述べた。

シャオミにとって今後重要な東南アジアの顧客の心をつかむ、優れたマーケティング手法と言えるかもしれない。東南アジアにどれだけのウーバー利用者がいるのかは不明だが、7月27日にアプリを開いた全ての現地ユーザーらの目に、オレンジのMiアイコンが飛び込むことになるのだ。

報道によるとウーバーは、今年の初めから米国で、運転手がオンラインショッピング利用者らに、商品を即日配達するシステムのテストを行ってきたという。4月のテッククランチの報道によると、Hugo BossやNeiman Marcusを含むいくつかのアパレルメーカーらがウーバーと協議を行っているという。

文=パーミー・オルソン(Forbes)/ 翻訳編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい