頭脳派におすすめ、名作ストラテジーゲーム8選

遠藤宗生
6003

ターン制の戦闘メカニクスこそがXCOMの真骨頂だ。エイリアンを攻撃しようとする際には成功率が表示され、プレイヤーはそれを見て攻撃するかどうかを決める。命中率が65%の場合、成功する確率はそれなりに高いが、もし失敗すれば最強の兵士が永久に死んでしまうかもしれない。XCOM 2では常にこのような決断を迫られるため、決断が苦手な人には向かないだろう。モバイルを含む主要なプラットフォームでプレイ可能なので、試さないべき理由はほとんどない。

対応機種:PC(Windows / macOS / Linux)、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch


2. Age of Empires II: Definitive Edition

Age of Empires IIは当初1999年にリリースされたが、2019年にForgotten Empires(フォーゴットゥン・エンパイヤーズ)からリリースされたDefinitive Editionにより、よりグラフィックが現代的に刷新され、史上最高のRTSゲームの1つが装いを新たに再リリースされた。

プレイヤーは中世の時代にたった数人の人間をコントロールするところからスタートし、他のプレイヤーを倒すために軍隊を増強していく。しかしRTSであるため休憩はなく、集落を守るための建造物の建設からユニットの訓練や戦争に至るまで、数多くのタスクを見失わないようにしながら次の一手を考え続けなければならない。テンポが速く、多くのことを意識する必要があり、複数の異なる場所でリアルタイムの戦闘を監視し、指揮しなければならないことも多い。

だが、ストラテジーゲームの中でもとっつきやすい部類に入るのは確かだ。XboxだけでなくPCでも発売されており、普段コントローラーでプレイしている人にとっては戦略ゲームにのめり込むのに最適なタイトルだ。

対応機種:PC(Windows)、Xbox Series X|S、Xbox One、Xbox Game Pass


1. シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI

『シドマイヤーズ シヴィライゼーション』シリーズは、おそらく世界で最も由緒あるストラテジーゲームシリーズだろう。30年以上の歴史を持ち、多くの人がストラテジーのキッカケを求めるシリーズであり、数え切れないほどの模倣作があるが、これを超えるものはない。
次ページ > 長年のアップデートで最高傑作の一つに

翻訳=江津拓哉

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事