Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブステクノロジーチャンネルのシニアニュースプロデューサー

NorthfotoBP / Bigstock



マイクロソフトはPhotoDNAのクラウド版を立ち上げた。これはウェブ上の児童ポルノイメージの発見と削除を手助けする無料のサービスだ。

PhotoDNAサービスは数年前から存在してきたが、以前のバージョンは企業のサーバに直接インストールし、専門の技術者や更新を続けるための費用が必要だった。今回のクラウド版はこうした障壁を取り除き、小規模の企業での導入も容易になった。より多くの企業が児童ポルノとの戦いに参加することを可能にしている。

プレスリリースでマイクロソフトは、18億ものイメージが毎日インターネットにアップロードされ、約72万件の児童虐待が発生していると述べた。膨大な件数に及ぶ違法行為をオンラインプラットフォームが完全に検知することは難しい。PhotoDNAやグーグルの児童ポルノ発見ツールへの期待は高まっている。

PhotoDNAは児童ポルノの画像データを、NCMEC(行方不明及び搾取された子供たちのための国民センター、National Center of Missing and Exploited Children)などの組織から入手している。データの署名情報であるハッシュ値を、ウェブ上の膨大なデータと照合することで、児童ポルノを発見する仕組みだ。

TwitterやFacebookは数年前からこの技術を採用してきた。マイクロソフトによると、キュレーションアプリのFlipboardやチャット・ネットワークのKikも既にクラウド版PhotoDNAを導入済みという。

文 = アビゲイル・トレーシー(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい