サイエンス

2024.02.27 15:00

あなたの陰謀論者レベルはどの程度? 陰謀論の6類型と信奉者の見分け方

安井克至
2692

陰謀論者の見分け方

学術誌Frontiers in Psychology(心理学最前線)に掲載された論文によると、陰謀論は無害だと考える人も多いが、信奉者にとっても社会全体にとっても有害な可能性がある。たとえば、病気の起源や治療法に関する思い込みは、予防措置や治療を順守しない行動につながり得る。同様に、ワクチンの安全性に対する疑念は、接種率低下の一因となっている。

懸念すべきことに、陰謀論の中には社会的・政治的な離反を助長し、政治的過激主義に拍車をかけるものさえある。

そこで論文の著者らは、「一般的陰謀論信念スケール」を開発した。以下に示す記述にどの程度同意するかを「絶対に真実ではない」から「絶対に真実である」までの尺度で測定することで、「陰謀論者レベル」を数値化するものだ。

・政府は無実の市民や著名な公人の殺害に関与しており、これを秘密にしている

・国家元首の権力は、世界政治を実際に支配している小規模な未知の集団の権力より小さい

・地球外生命体と秘密裡に交信している組織があるが、この事実は一般には隠されている

・ある種のウイルスや病気の蔓延は、何らかの組織による意図的かつ隠蔽された活動の結果である

・科学者の集団が、大衆を欺くために証拠を操作したり、捏造したり、隠蔽したりしている

・政府は自国内でのテロ行為を容認、あるいは実行しながら、関与を隠蔽している

・小さな秘密の集団が、戦争など世界のあらゆる重大な決定を下している

・地球外生命体との接触の証拠は世間一般から隠されている

・マインドコントロール技術が、誰にも気づかれることなく人々に使用されている

・現在の産業に害を及ぼすような新しい先端技術は発展を阻止されている

・政府は犯罪行為への関与を隠すために、国民に責任を押し付けている

・ある重要な出来事は、世界の出来事を密かに操る小規模集団の活動の結果だ

・UFOの目撃談やうわさの中には、実際の宇宙人との接触から大衆の目をそらすために計画されたり演出されたものもある

・新薬や新技術の実験が、一般大衆に対して本人の認識や同意なしに日常的に行われている

・多くの重要な情報が、私利私欲のため意図的に隠されている。

陰謀論の魅力は否定できないが、その影響は公衆衛生、社会の結束、政治的安定を根底から突き崩すことができるほど危険だ。陰謀論に深入りしすぎると、「隠された真実」の探求におぼれ、現実や周囲の人々から距離を置くようになり、強迫的で反社会的な行動につながる恐れがある。

非常に複雑で不確実なこの世界では、健全な批判的思考と懐疑心を持って陰謀論に立ち向かうことが極めて重要だ。証拠に基づいた言説を受け入れ、集団行動のために結集することで、私たちは陰謀論の影の領域に潜む落とし穴を避けて、現実の社会的課題に正面から立ち向かうことができる。

あなたは陰謀論の誘惑に勝てるだろうか。「Generic Conspiracist Beliefs Scale」(一般的陰謀論信念スケール)で確かめてみよう。

forbes.com 原文

翻訳=酒匂寛

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事