暮らし

2024.03.01

Z世代のスマホあるある、1位は誰もがやってそうなアレ

GettyImages

いまの時代、財布を忘れるよりスマホを忘れたほうが取りに戻るほど、スマホなくして生活ができないほど依存している人も多いハズ。特に子供のころからスマホに慣れ親しんでいるZ世代にとっては、空気のような存在だろう。

そんなZ世代に「スマホあるある」についてバイドゥが調査している。寄せられたエピソードと共にトップ10を紹介していこう。

第10位 バッテリーが1%から長持ち

スマホに限らずバッテリーの残りは意外と余裕を持っていることが多い。「だいたい1~3%でものすご〜〜く耐えてて面白い」「1%になった瞬間にめっちゃ踏ん張って20分ぐらいもつ」「充電がめんどくさくてギリギリまで耐えちゃう」と、結構ギリギリまで凌いでいる人が多いようだ。

第9位 充電は常に80%以上ないと不安

10位とは対象的に、バッテリー残量を極度に気にする人も多いようだ。「今災害が来たらどうしよう!!とか不安になってしまう」「帰りとか切れて連絡出来なくなるのがなんかあった時怖い」「99%でも充電器さしてしまう」と不安を口にする人多いようだが、常に充電していると逆にバッテリーを劣化させてしまうかもしれないので注意が必要だ。

第8位 寝落ちと共にスマホが顔面ヒット

寝る直前までスマホをいじっている人なら経験したことがありそうなエピソード。「顔面ヒットからの顔面にアザがしょっちゅうある笑」「週に一回はなってる」「こないだ鼻骨折しかけた」と、怪我のないようにお願いしたい。

第7位 手元にないと不安

「スマホ=命のようなもの」「いつ何が起きるかわかんないから全部携帯に頼ってる」「手元にないとソワソワしちゃう」と、9位の充電と同様、不安でたまらなくなる依存症一歩手前のような人たちが多いのだろう。

第6位 最初から入っている不使用のアプリが消せない

「容量が多くなっていらないアプリを消したくても最初から入ってるアプリだと消せない」「使わないと思っても消すのが面倒臭い」と、消したくても消せないアプリを邪魔と感じているようだ。アプリを削除して容量を増やし、そのぶん写真や動画を保存したいということなのだろう。

第5位 アプリのアップデートがめんどくさい

最近は、ほっといている間に自動的にアップデートしていることも多いが、「パスワードを入れたり親に許可を貰ったりしなければならない」「急いでる時にアプリのアップデートが始まってイラッとたまにする」と、未成年だとアップデートが面倒なこともあるよう。

第4位 電話としてほとんど使っていない

「電話を月1くらいでしか使わない」「LINE(文面)で完結する」などと、Z世代は極力電話を避ける傾向にあるので、スマホは“電話”ではなく“モバイル機器”なのだろう。

第3位 タップする瞬間に広告が表示されて押してしまう

「押そうとした瞬間に画面が少しズレて出てきた広告を押してしまうという現象…。結構イラッとする」「いつもゲームをやる時などに毎回間違えて押してしまう」と、これはもうZ世代だけでなくスマホで情報収集しようとすると直面するハズ。「これ記事読ます気ないだろ」と画面の大半を広告表示して少しでも広告を誤タップさせたいのがミエミエなサイトもあり筆者もそっ閉じすることがよくある。

第2位 iPhoneのケースだけ種類が多い

「Androidだって可愛いスマホケースがほしいのに、全然種類がないっ!iPhoneばっかりずるいっ!」「iPhoneはアニメキャラや、綺麗な柄のケースがいっぱいあるのにAndroidはあんまりなくて悲しい」と、iPhoneとAndroidスマホとの扱いの差を嘆く人が多い。特に女性にかわいいケースを選びたいところなので、iPhoneでないと不満が多いようだ。

第1位 トイレに持って行く

そして、1位に輝いたのがトイレにもスマホを持っていくこと。「トイレに行く時はほぼ毎回持っていって長時間居座る」「トイレしてる間も暇だから見ちゃう」と、外出先だけでなく家でもトイレへ持ち込んでいる人が大半のようだ。これもZ世代に限ったことではないような気もする。

このように、Z世代のスマホあるあるの調査結果を紹介したが、意外とZ世代意外も同様のことを考えているのではないだろうか。それぐらい、スマホが生活の一部になっており、今後もスマホと同様な付き合いが続くだろうと想像に難くない結果だった。

出典:バイドゥSimejiランキング「スマホあるある」より

文=飯島範久

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事