「生成系AIの存在感大」CES 2024 参加者たちの声

西村真里子

HEART CATCH 代表取締役

■CES参加回数
12回目

■参加内容
・PRONEWS 取材
・JETRO J-StarX CES派遣事業アドバイザー(2023)
・日経イノベーション視察プログラム 現地セミナー講師
・DCAJ TechBiz メンター
 他、個別企業向けのリサーチ

■CES2024の全体感想
・AgeTech (シニア向けテクノロジー)やサステナビリティーを意識した企業が増えている。
CESが2022年から伝え始めたテクノロジーを人間安全保障のために生かす国連とのキャンペーン(Human Security for All)のメッセージに沿った動きなのだろう。
以前よりも WOW! だけで終わるプロダクトだけではなく、着実に進めていくことを発表する企業が増えたように感じる。
・メルセデスやドルビーのIn-car entertainment体験を通じて、車の中のエンタメ体験に期待が上がった。



■自社の手応え
CESはどこから見ればいいのかわからない!という声をよく聞く大規模テクノロジー見本市。
事前説明会や、現地セミナー、記事を通じて少しでも多くの方にCESの見方をお伝えできていれば幸いです。

■学び
カジノは自分のフィーリングがあった台で遊ぶと色んな意味で楽しい(あくまでも個人の感想です)。

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事