製品

2024.01.20

中国DJIの「新型ドローン」がロシア・ウクライナ戦争を変える可能性

DJI FlyCart 30(C)DJI

世界最大手のドローンメーカーとして知られる中国のDJIは先日、同社にとって初の配送用ドローン「FlyCart 30」のグローバル展開を発表した。DJIは、自社の製品の軍事利用を防ごうとしているが、このドローンが戦場で使用されることは、避けられないと考えられている。

中国の深圳に本社を置くDJIの製品は、世界のコンシューマ向けドローン市場の70%以上を占めると推定されており、特に、小さく折りたためる手頃な価格のMavicシリーズは、空撮のための優れたプロダクトとして知られている。Mavicsは戦場での偵察機としても優れており、数キロ離れたターゲットを発見するためのオペレーションでも威力を発揮する。

さらに、小型ドローンは爆撃機としても使われており、ロシアのVOG-17や米国のM433といった手榴弾を投下して、塹壕や車両を破壊する際に使用されている。DJIはドローンの軍事利用を非難しており、2022年4月にはウクライナとロシアの両国で製品の販売を禁止した。

しかし、ウクライナにおいてDJIのMavicは、小型ドローンの代名詞となっており、2023年10月にウクライナのデニス・シュミハル首相は、同国がDJIが製造したMavicの60%を購入したと述べていた。

DJIのドローンは安価で操縦がしやすいことで知られており、FlyCart 30も同様の製品だと考えられている。
SEE
ALSO

テクノロジー > 製品

中国DJIが「緊急パラシュート」内蔵の配送用ドローンを発売

低価格ながら重量物の運搬に対応

FlyCart30は、Mavicがコンシューマ市場を支配したように、配達用ドローンの世界を支配することを目指している。このドローンは、最大30kgの荷物を最長16km先まで輸送することができ、あらゆる地形や全天候での飛行に対応している。また緊急時には、内蔵パラシュートを低高度で開くことで、ドローンを安全に着陸させることが可能な斬新な設計となっている。さらに、制御範囲は最大20kmとされているが、操縦者がワンクリックで他の操縦者にコントロール権限を移譲できる機能も搭載している。

FlyCart30の最高速度は時速72kmとされている。さらに、昼夜を問わず利用できるレーダーと障害物回避機能を搭載している。このドローンのグローバルでの販売価格はまだ明かされていないが、中国では約1万7000ドル(約250万円)で販売されている。

アルファベットやアマゾン、ウォルマートなどは、何年も前から配達用ドローンの開発に取り組んできた。しかし、この分野でトップのエンジニアリングと生産能力を誇るDJIは、それらの競合のすべての製品を打ち負かすかもしれない。
次ページ > 爆弾や地雷の投下に活用

編集=上田裕資

タグ:

連載

Updates:ウクライナ情勢

ForbesBrandVoice

人気記事