Forbes BrandVoice!! とは BrandVoiceは、企業や団体のコンテンツマーケティングを行うForbes JAPANの企画広告です。

2023.12.06

バイオ燃料で未来を描く異業種3社が「ローラン・ペリエ賞」受賞

PR:サントリー

グローバルビジネス誌 Forbesの日本版『Forbes JAPAN』では、日本経済を牽引する起業家を応援するというコンセプトのもと、2017年から「起業家ランキング」を発表。今年も、昨年に引き続き、起業家ランキング特別賞「ローラン・ペリエ賞」が選出・発表された。日本の起業家たちが憧れる美酒、ローラン・ペリエとはどんなシャンパーニュなのだろうか。


今年の「ローラン・ペリエ賞」に輝いたのは



ホリデーシーズンを迎え、きらびやかなイルミネーションが輝く東京・丸の内。ここは間違いなく日本のビジネスシーンをリードしていく中核だが、この夜、その中でも一際華やかな熱気に包まれた場所があった。ここは“新しい日本”をつくり、これからの日本経済を牽引する起業家を応援するというコンセプトのもとに誕生した「起業家ランキング」発表の場。これからの日本をリードするビジネスパーソンTOP20が選出されるとあって、1年に一度、情熱豊かな若きリーダーたちが一堂に会することでも知られるガラパーティーである。

そんな彼らはこの日、「ローラン・ペリエ」で祝杯をあげた。「ローラン・ペリエ」とは、ウィリアム王子とキャサリン・ミドルトンのロイヤルウエディングで使用されたことでも知られる英国王室ご用達のシャンパーニュ。そのメゾンは仏シャンパーニュ地方ランスで1812年創業と200年余の歴史をもつ老舗であるが、いまも家族経営を貫き、本質にこだわり続けるシャンパーニュづくりで知られている。

なかでも「ローラン・ペリエ」の独自性が際立っているのはその最高級ブランドである「ローラン・ペリエ グラン シエクル」。シャンパーニュづくりの本質を追求し、秀逸な3か年のヴィンテージをアッサンブラージュする匠の技法により、プレステージ・シャンパーニュの世界に新たな地平を拓いた。

Forbes JAPANでは昨年より「ローラン・ペリエ賞」を設け、卓越したビジネスパーソンを表彰しているが、今年はこの「ローラン・ペリエ グラン シエクル」のこだわりにちなみ、異なる個性の調和により偉業を達成した社に「ローラン・ペリエ賞」を授与。異業種同士のシナジーにより、新しい世界を切り拓こうと挑戦を続ける3名の方々へトロフィーが贈呈された。

気候変動問題を解決するバイオ燃料に着目

異なる個性の調和により偉業を達成した3者を選定するにあたり、今年の大きなキーワードとなったのはバイオ燃料である。現在、サステナビリティの観点から二酸化炭素排出削減につながるバイオ燃料への注目がヨーロッパを中心に高まっているが、日本においても、ガソリンや軽油の代替となるバイオエタノールやバイオディーゼル燃料、そして航空機の燃料としてバイオジェット燃料製造の技術開発が急がれている。

そこで、今年の「ローラン・ペリエ賞」は、2018年にバイオ燃料製造実証プラントを竣工以降、バイオディーゼル燃料やバイオジェット燃料を陸・海・空のさまざまなモビリティに提供してきた【ユーグレナ】に着目。また、二酸化炭素を排出する割合を多く占めるのは自動車であることから、いち早くバイオ燃料の使用促進に取り組み、国内の自動車レース「スーパー耐久シリーズ」にバイオディーゼル燃料「サステオ」100%で挑戦した【マツダ】、さらには「サステオ」での民間飛行の第一号となった【千葉功太郎氏】(投資家・DRONE FUND創業者)の3者が選出された。

ユーグレナ代表取締役社長 出雲充

ユーグレナ代表取締役社長 出雲 充

「当社(ユーグレナ)のパーパスは『人と地球を健康にする』です。創業のきっかけはバングラデシュの子どもたちの栄養状態を改善したい、貧困から救いたい、という想いからでしたが、このまま地球温暖化がすすめば、ますます貧困は進むといわれており、貧困と気候変動はつながっています。栄養問題も改善し気候変動問題も解決する、それが私たち『ユーグレナ』の使命であると考えています。

初めてバイオ燃料を使用したのは、自動車では【マツダ】さまのCX-8というモデルです。飛行機では千葉さんが自家用機で支援してくださいました。CX-8は福岡市で要人を乗せて初めて公道を走り、自家用機は鹿児島空港から羽田空港まで長距離フライトに成功しました。『誰もやったことがない、一番最初』はとても勇気が要ります。私自身もミドリムシの培養に成功したものの、ミドリムシの培養をやったことがある人も、また実際に試したことがある人もいませんから、「新しい」=「知らない」「こわい」と、認知が広まるまでなかなか商品が売れなかった経験があります。ですが、今回は違いました。【マツダ】さん、千葉さんが『ユーグレナのバイオ燃料は安全だ』と信じてくださり、協力してくださったからこそ成しえた結果がその先の多くの取引を生み、おかげで現在はマレーシアでの巨大なバイオ燃料製造プラントのプロジェクトも進行しています。

このたび、歴史あるシャンパーニュ・メゾン『ローラン・ペリエ』より、その名を冠した賞をいただいたことは、月並みですがとても嬉しく、後進のアントレプレナーたちに向けて『ベンチャー企業も、あきらめずに努力を積み重ねればこのような素晴らしい賞をいただける。一緒にがんばろう!』とメッセージを送りたいと思います」

マツダ代表取締役社長兼CEO 毛籠勝弘

マツダ代表取締役社長兼CEO 毛籠勝弘

「この度はこのような栄誉ある賞を受賞し、大変光栄に思います。人の幸せは生涯で得た体験や経験の量に比例すると考えていますが、その量を増やすことを支えているひとつが“移動”です。人がどのような時代になっても幸せを追求し続けるためには、“移動”をカーボンニュートラルにする必要があります。

石油を1滴も使わず二酸化炭素を増やさないバイオ燃料をつくる【ユーグレナ】さま、空のモビリティで環境にやさしい移動体験を人々に提供しようとしている千葉さま、そして陸のモビリティでその燃料の活路を広げる【マツダ】の3者が揃ってこの賞を受賞したことは大変意義深いことです。今回の受賞を機に、3者がお互いに切磋琢磨しながら今後ますます連携を深め、持続可能な移動体験を作り出す仲間の輪が大きく広がっていくことを期待しています。そして、バイオ燃料普及に向けたブレイクスルーを起こし、地球温暖化抑制を必ずや成し遂げたいと思います」

千葉功太郎(投資家・DRONE FUND創業者)

千葉功太郎(投資家・DRONE FUND創業者)

「本賞は『新しい世界を切り拓く可能性のあるプロジェクト』に挑んでいるスタートアップに支援する人物に対してもお贈り頂けるものとお伺いしておりまして、日々『世界の課題を解決する』スタートアップの投資や支援をしている身としては大変喜ばしいです。そしてこういった賞を頂けるのも、【DRONE FUND】や【千葉道場ファンド】で投資させて頂いている起業家の方々が日々頑張っているからこそだと思うので、改めて感謝したいと思います。

今回の表彰は陸・空・燃料とそれぞれ現代では移動に不可欠な3つの領域で活動しているプレイヤーが受賞したことに意味があると考えています。私は将来、空飛ぶ車やドローンを介して人や物品が運ばれる未来を想定し、たくさんのスタートアップに投資をさせていただいていますが、当然そういった未来が実現するためには陸の移動、そして燃料が不可欠です。今回、陸の移動で先端を走られている【マツダ】さま、そして燃料の領域でチャレンジされている【ユーグレナ】さまとともにこういった賞を受賞することで少しでも日本の環境にとって良い影響を与えられれば幸いです。
私は日頃からシャンパーニュが大好きで、『ローラン・ペリエ』も自宅セラーに常備しております。数あるプレステージ・シャンパーニュの中でも、私にとって非常に特別なのが、『ローラン・ペリエ グラン シエクル』。厳選された畑の、厳選された複数ヴィンテージを、アートの極みのようにアッサンブラージュし、長期熟成させるという、その手間暇と職人技に尊敬するしかありません。まさに人生の特別な時に愉しみたいのが、『グラン シエクル』なので、仕事や仲間のお祝い事はもちろん、家族の大切な節目でいただいています。

【マツダ】は、今年1月【ユーグレナ】に対して28億円の資金を提供し事業をサポートしている協業関係にもあり、千葉氏は、航空機のオーナーとして積極的にサステオを使用することで航空機でのバイオ燃料普及に向けて先陣を切るリーダー的存在である。この3者それぞれがバイオ燃料の開発・使用を推進していくことで、気候変動対策としての脱炭素社会へ大きく歩を進めることができるというわけだ。そのシナジーによる偉業は、秀逸な3か年のヴィンテージをアッサンブラージュすることで生み出された「ローラン・ペリエ グラン シエクル」のパーフェクトなバランスを想起させる。

先駆者の偉業を讃えるプレステージ・シャンパーニュ



コロナ禍により開催できなかった3年間をはさみ、2022年に続いて2年連続でリアル開催となったガラディナー。おごそかながら親しみやすいムードも手伝い、受賞者および来場者はそれぞれに社交とネットワーキングを楽しんでいた。そしてその傍らにはもちろん「ローラン・ペリエ」。この世界屈指のシャンパーニュ・メゾンに敬意を表し、この日多くの若きリーダーたちがフラッグシップである「ローラン・ペリエ グラン シエクル」を愉しんだ。






1年に一度、この場に立つことを多くの起業家が夢見ているが、彼ら先駆者が手にした美酒は今日も彼らの偉業を讃えている。「ローラン・ペリエ」は革新的な思考で成功を収めた人のパートナーとしてふさわしいプレステージ・シャンパーニュである。


ローラン・ペリエ

公式Instagram
https://www.instagram.com/champagnelaurentperrier/

公式サイト
https://www.suntory.co.jp/wine/special/laurent_perrier/
ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転

Promoted by サントリー / photographs by Shungo Tanaka / text and Edit by Miyako Akiyama

ForbesBrandVoice