北米

2023.12.05

視聴回数を稼ぐために飛行機を墜落させたユーチューバー、捜査妨害罪で禁錮6カ月

JRdes / Shutterstock.com

ユーチューバーでパイロットのトレバー・ダニエル・ジェイコブ(30)は米国時間12月4日、動画視聴回数を稼ぐために南カリフォルニアで意図的に墜落させた飛行機の残骸を破棄した罪で、6カ月の禁錮刑を言い渡された。検察局のプレスリリースによる。ジェイコブが連邦政府に対する妨害の罪を認めてから約5カ月後の判決だった。

6月に連邦政府による捜査を妨害する意図による破壊と隠蔽の罪を認めたジェイコブは、カリフォルニア州で判決を受けた。

検察の発表によると、ジェイコブは2021年11月に自家用飛行機でカリフォルニア州マンモスレイクスに向けて飛び立ったが、経験あるパイロットでスカイダイバーの彼は、自身がパラシュートで降下するところを撮影するために脱出し、飛行機をロスパドレス国有林に墜落させた。

ユーチューバーのジェイコブは墜落現場を訪れ、飛行と墜落の様子を記録した動画のデータを回収した。

ジェイコブが国家運輸安全委員会に墜落を報告すると、調査を開始した同委員会は、連邦航空局も調査することになっている残骸を保存するよう命じた。

ジェイコブは調査員に対し、残骸の場所は知らないと嘘をついたが、実際にはヘリコプターで残骸を吊り上げて森林から持ち出し、ロンポク・シティ・エアポートへ運んで格納庫に降ろした後、数日間のうちに機体をばらばらに破壊した、と検察は述べている。

ジェイコブの禁錮6カ月という量刑は、彼が受ける可能性のあった最高刑よりはるかに軽い。連邦政府の捜査を妨害する目的の破壊および隠蔽の罪は、連邦刑務所で20年服役する可能性がある。

ユーチューバーによるコンテンツ作成が刑事罰や逮捕につながった例は少なくない。YouTubeチャンネルを運営する双子の兄弟、アラン・ストークスとアレックス・ストークスは、2019年に虚偽の銀行強盗を演じて告発された後、2021年に不法監禁と虚偽の緊急通報の罪を認めた。兄弟には160時間の社会奉仕と1年間の保護観察が言い渡された。ユーチューバーのキング・シドは2022年、緊急サービスを乱用した罪で告発された。NBC Miamiの報道によると、シドはビデオ通話を通じて警察に「コーク」が置かれている車を見つけたと通報。警察官らが車を捜査したところ、コカ・コーラが発見された。その結果、7件の緊急通報への対応が遅れた。

forbes.com 原文

翻訳=高橋信夫

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事