Close

PICK UP

ハードウェア及び半導体メーカーについて執筆

hadrian / Bigstock



iPhoneはこのところ順調に売れている。2015年の第二四半期は7450万台が売れた。しかし、Apple Watchはその状態にはかなり遠いことが明らかになった。

パシフィック・クレスト証券アナリストのアンディ・ハーグリーブスは6月24日にApple Watchの売上予測を下げると述べた。2015年度に対する売上予測を1100万台から1050万台に削った。そして2016年度の売上予想を2400万台から2100万台へと下方修正した。

「データによるとApple Watchの需要が急速に減退していることが見受けられます。この端末に対する評価は好悪が相半ばし、ファッションの切り口からは少々、"電卓時計"に向き過ぎているように見えます。そしてウェブの検索ボリュームから計られた一般の消費者の興味はiPodよりも低い状態です」とハーグリーブスは顧客への調査報告書の中で記した。

他のウォールストリートのアナリストもApple Watchの売上にはあまり自信が無い。5月にはUBSがApple Watchの出荷予測を23%下げ3100万台とした。UBSは「ユーザーらがApple Watchに対して抱く興味は、2007年に市場に現れた頃のiPhoneの5分の1に過ぎない」と記している。

Appleは今のところ、この端末の売上に関する数値は一切公開していない。推定された売上データとApple Watchに寄せられたレビューは、この時計が市場で足場を得るには暫く時間がかかることを示している。

例えそうだとしても、現状のAppleの売上は70%近くをiPhoneが占めている状態だ。Apple Watchの売上が素晴しいものである必要は全く無い。そしてiPhoneの売上は強い成長を続けると予想されている。ハーグリーブスは同じ6月24日の報告書でiPhoneの売上予測を2015年度は3.1%上げの2億3600万台に、2016年度を3.8%上げの2億1800万台に引き上げた。

しかしiPhone市場の飽和は間近に迫っている。ハーグリーブスは「我々は世界中の年収15,000ドル(約183万円)以上の人々の大半が2015年度の終わりにはiPhoneを持つと信じています。我々とウォールストリートはこの先さらにiPhoneの成長が進むことを予測しています。しかし、もしも市場が完全な飽和状態に逹っした場合、または競合がAppleのシェア獲得を遅らせた場合がリスクだと考えます」と記した。

文=アーロン・ティリー(Forbes)/編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい