Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

企業の労働力と労働環境、およびその未来についての記事を中心に執筆

1位に輝いたGoogle(@forbes.com)



コンサルティング会社のUniversumは経営学とエンジニアリングを学ぶ世界の学生が就職したい企業のランキングを発表した。同社は世界トップ12の経済大国(アメリカ、カナダ、ブラジル、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、日本、中国、インド、オーストラリア)の学生24万人にヒアリングを行った。順位付けに当たっては、各国のGDPの規模が考慮されている。

例年に続き、エンジニアリングを学ぶ学生に最も人気が高かったのはGoogleだった。トップ5にはほかに、マイクロソフト、アップル、BMW、GEがランクインした。業種別で見ると自動車メーカーと自動車部品メーカーの台頭が目立ち、これまで人気の高かった消費財メーカーを上回った。近年はITのハードウェアや機器を製造するメーカーの人気も高まっている。エンジニアリングや製造業、ソフトウェアやコンピュータサービス、エネルギー、小売業、ファッションブランドの人気は堅調だった。

一方で家電や製薬、バイオテクノロジー、銀行、化学品の各業界は、エンジニア志望の学生からの人気が過去5年間で低下している。Universumアメリカ支社長のMelissa Baileyは我々の取材に対し「ランキング上位に入り、優秀な学生の採用に成功している企業は、従業員が新しいスキルを習得する機会を絶えず提供し、急速に変化するビジネス環境に適応できているケースが多い」と話している。

「調査結果から、組織が環境変化を上回るスピードで学習することの重要性が見て取れる。企業を取り巻く環境がかつてないスピードで変化する中、学生たちに人気の高い企業では、環境変化のスピードよりも速く物事を学ぶことができている」とBailey支社長は述べている。下記に上位15社のランキングを掲載する。

1位:Google
2位:Microsoft
3位:Apple
4位:BMW
5位:GE
6位:IBM
7位:Intel
8位:Sony
9位:Siemens
10位:Shell
11位:Samsung
12位:P&G
13位:Volkswagen Group
14位:Johnson & Johnson
15位:Ford Motor Company

文=キャサリン・ディル(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい