欧州

2023.08.28

押されるロシア軍がたまらず予備投入 失敗なら大損害の「全賭け」に

ロシア空挺軍の第76親衛空挺師団。2020年3月1日、ロシア西部プスコフで=ゲッティ

ロシア軍はウクライナ南部ザポリージャ州の戦線への増援を急いでいる。ウクライナ軍による重要な攻勢軸での大きな突破を阻もうと必死の様相だ。

増援部隊はロシア空挺軍の第76親衛空挺師団から送られる模様だ。米フィラデルフィアにある外交政策研究所のアナリスト、ロブ・リーによれば、第76親衛空挺師団は「おそらくロシア最高の師団であり、比較的消耗が少ない」という。同師団は今年初め、ロシア軍が現在も限定的な攻撃を続けているウクライナ東部ルハンスク州西部の都市クレミンナ方面を攻撃したのを最後に、実戦から遠ざかっていた。

第76親衛空挺師団の再配置は、ウクライナ軍が南部と東部の複数の軸で同時に始めた反転攻勢が、ここへきて勢いを増していることを物語る。

ここ数週間の間に、ウクライナ海兵隊はウクライナ東部ドネツク州南部の集落ウロジャイネからロシアの守備隊を排除し、ウクライナ陸軍と空中機動軍(空挺軍)の部隊はそこから西へ100キロメートルほどにある、南部ザポリージャ州のモクリ・ヤリー川渓谷沿いの集落ロボティネを解放した。

これら2つの勝利によって、ウクライナ軍は南部での2つの主要な目標に向けて数キロメートル前進した。ロシア軍による占領からの解放をめざすドネツク州マリウポリとザポリージャ州メリトポリの2都市である。ロシア軍はウクライナ南部クリミア半島への陸上補給路を守る目的から両都市の支配を維持しようとしている。

結果は、どちらが予備の戦力を最大限有効に使えるかで決まりそうだ。ウクライナ軍南部司令部はロボティネ周辺の突破のために、数少ない予備部隊の1つである第82空中強襲旅団を投入した。そして今度は、ロシア側が数少ない予備部隊の1つを展開させようとしている。

X(旧ツイッター)で「Tatarigami_UA」というハンドルネームで投稿しているウクライナのある予備役将校は、第76親衛空挺師団のクレミンナ方面からロボティネ─トクマク─メリトポリ軸への移動をいち早く指摘した1人だ。26日には「ロシアの軍事教義では第76親衛空挺師団は少なくとも名目上は戦略予備の一部とされていて、今回の動きの重大さが際立つ」とも書いている
次ページ > ロシア軍は南部を守るか東部を守るかの選択を迫られる可能性

翻訳・編集=江戸伸禎

タグ:

連載

Updates:ウクライナ情勢

ForbesBrandVoice

人気記事