Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

「エアビーアンドビー」の共同創業者ジェフ・ゲッビア。
採用活動を改善したことで、優秀な人材が集まるようになったという。

会社の成長には、優秀な人材が欠かせないが、採用はいつだって難しいもの。人気企業「Airbnb(エアビーアンドビー)」が、自社の取り組みを明かした。

新興企業が成長する際にぶつかる壁、それが「採用活動」だ。社員は日常業務に忙殺されながら、慣れない面接を行い、しかも企業文化に合うかどうかを見極める必要がある―。悩みは尽きない。

宿泊賃貸サービス「エアビーアンドビー」も2011年、こうした悩みに直面していた。
“シリコンバレーで最もアツい新興企業”が社員数を50人から500人に増やすとあって、就職希望者が殺到。ところが、肝心の面接は予定通りに行われず、有力な候補は何週間も放置されたままに。

その結果、「面接の段取りが悪い」「履歴書もろくろく読まずに面接が行われた」と、候補者たちは対応の悪さに苛立ち、内定者の50~60%しか入社しなかったのだ。

そこで、事態を危惧した同社共同創業者のジョー・ゲビア(33)は、昔ながらの迅速で明確、そして誠実な対応を心がけるように仕切り直した。

「採用では段階ごとに、入社希望者がどう感じるかを考えて接するようにします」

就職希望者に駐車場所のアドバイスをしたり、面接前に水を出したり、また、担当の社員を付けたりするなど、採用活動を改善。今では、エンジニア職内定者の入社率が80%に上がっている。

ジョージ・アンダーズ = 文 ティモシー・アーチボルド = 写真 フォーブス ジャパン編集部 = 翻訳

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい