プログラミング知識不要でAIをビジネス活用、FLUXが44億円調達【6月第3週資金調達まとめ】

国内の成長産業及びスタートアップに関する幅広い情報を集約・整理し、検索可能にした情報プラットフォーム「STARTUP DB」では毎週、資金調達のサマリーを発表している。この記事では、6月3週目の“注目のトピック”として選ばれた5件の資金調達について紹介する。

FLUX

調達額:44億円
調達先:ディー・エヌ・エックス・ベンチャーズ / アーキタイプベンチャーズ / ジャパン・コインベスト投資事業有限責任組合 / あおぞらHYBRID2号投資事業有限責任組合 / Salesforce Ventures / ソニーベンチャーズ / SMBC日興証券 / NTTドコモ・ベンチャーズ / りそな銀行 / 商工組合中央金庫
備考:シリーズBラウンド / 金融機関からの融資等を含む

ノーコードAIプラットフォームの「FLUX AI」を通じて複数のサービスを提供する東京工業大学発スタートアップ。

「FLUX AI」は予測分析・自然言語処理・大規模言語モデルなどのAI技術を開発スキルや知識がなくても簡単にビジネス活用できるノーコードAIプラットフォームである。

同サービスを利用して、媒体社向けサービス・広告主向けサービス・全事業者向けサービスなど、ノーコードで利用できる複数のサービスを効率的に開発して提供している。

複数のサービスを通じて得られる膨大なデータは共通のデータベースに蓄積され、データガバナンスやプライバシーに配慮した上で活用することによってサービス全体の性能向上に繋がっている。

2023年6月には、DNX Ventures、Archetype Ventures、ジャパン・コインベスト、あおぞら企業投資、Salesforce Ventures、Sony Innovation Fund、SMBC日興証券、NTTドコモ・ベンチャーズを引受先とする第三者割当増資および新株予約権付社債と、金融機関からの融資等を合わせて総額44億円のシリーズBラウンドでの資金調達を実施した。

これにより累積資金調達額は56億円となり、ノーコードAIプラットフォームの開発及び採用活動を強化していく方針だ。
次ページ > クラウド型経理DX支援システム

文=STARTUP DB

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事