Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

市場とジェネレーションYのお金に関する差し迫った問題に注目

Photo by Justin Sullivan/Getty Images



フィットネス関連の業者にとって、2015年は飛躍の年となりつつある。米国民は2500億ドル(約30超円)を健康関連に費やそうとしている。フィットネスは最近、新しい贅沢品になった。体こそがトレンドを作るのだ。しかし、特にある分野の企業にとって、未来は格段に明るく見える。それがFitbitだ。

6月30日に発表されたデータによると、ウェアラブル端末企業のFitbitはライバルのApple Watchよりも多くの売上を示した。これを受けてFitbitの株価は30日の取引にて13%以上も上昇した。

Fitbitの株価は今月初旬のIPOで50%以上も急上昇し、そこからさらに18%の上昇を遂げている。しかしRBC Captial Marketsの報告によれば、この成長は始まりに過ぎない。RBCは30日の朝にFitbitについて調査対象銘柄とし、目標株価を45ドル(約5510円)と設定。レーティングをアウトパフォーム(インデックスより良い成績が見込める)とした。

RBCのアナリストであるマーク・スーは調査報告書で「Fitbitはそのブランド力で成長を遂げ、市場のリーダーとなった。ネットに接続された健康関連製品の中で、Fitbitの存在感は際立っている。我々は同社が長期に渡り、消費者に支持されるプラットフォームを構築する機会を得たと信じている」と記載した。

2014年にFitbitは前年比175%増の売上を記録した。RBCは同社が2015年度は83%、 2016年度には23%成長すると予測する。この予測はFitbitが今年1600万台の端末を出荷し、いずれは活動計と睡眠計のサービスを拡充するとの見方に基いている。(出荷台数は2014年度を43%上回ることになる)。

RBC社のスーはさらに次のように述べている。

「世界的な健康市場の成長でFitbitの売上は2017年度には23億ドル(約2820億円)、年平均成長率は45%に及ぶかもしれない。我々はFitbitがウェアラブルのカテゴリからさらに幅広い分野に進出すると予測している。米国でのこの市場の成長は海外へと広がり、グローバルでの売上が25%に及ぶことになる」

スーはJawboneやGarmin、アップルウォッチ等がFitbitの競合であると認めた。しかし、「多くの人がアップルウォッチとの競合を懸念しているが、我々はスマートウォッチの購入者は活動計やフィットネス・トラッカーの購入者とは異なると考える」と述べた。RBCの調査によると、スマートウォッチよりもフィットネス・トラッカーに興味を持つユーザーのほうが多いという。

少なくとも5月の売上データはこの見方を補強している。調査企業のスライス・インテリジェンスによれば、Fitbitは5月に85万台の端末を販売した。これは同期間におけるアップルウォッチの販売台数、77万7千台を上回っている。

さらにスーは次のように述べた。
「我々も数年前にウェアラブルが市場に登場した頃は、懐疑的な見方だったが、現在、90万台以上の端末が売れるようになり、市場は現実的な基盤に到達した。ウェアラブルはアーリー・アダプターのものから一般的な製品になろうとしている。個人の健康管理において、その利点が明白になり、価格も安くなったことで、さらに市場は拡大している」

RBCの調査によると、活動計やフィットネス・トラッカーの市場は現在250億ドル(約3兆円)であり、難なくその倍の500億ドル(約6兆円)に逹するという。

RBCのリポートの公開とFitbitの5月の売上報告を受けて、Fitbitの株価は6月30日正午の時点で10%近く上昇。午後3時には13.1%の上昇となった。

文=マギー・マッグラス(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE