アートとの邂逅 ─連載 Forbes JAPAN CIRCLE 30

優れたアートとの出合いは、ファッション同様、自分が何者であるかを考えさせてくれるヒントとなる。

そして、そこに込められた作家の制作の意図が、作品を通じて我々に確実に伝わってくる。真のクリエイティブとの呼応こそ人生における楽しみだ。


羽織っているのを忘れる超軽量の高機能ブルゾン

ブルゾン¥402,600、 ベスト¥535,700、ポロシャツ ¥108,900、パンツ 参考商品、 スニーカー¥133,100(すべてロ ロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナ ジャパン☎03-5579-5182)

ブルゾン 402600円、ベスト 535700円、ポロシャツ 108900円、パンツ 参考商品、スニーカー 133100円(すべてロロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナジャパン Tel:03-5579-5182)


ギャラリーを巡るようなアクティブな休日に着たい、ショート丈のブルゾン。ロロ・ピアーナの独自素材「ウインドメイト・ストレッチ・ストームシステム」を用いたリバーシブル仕様で、スポーティなベージュのマイクロファイバーとエレガントなグレーのカシミアジャージーを一着で楽しめる。ストレッチ機能に加え、急な雨に対応できる防水・防風性を備え、収納バッグが付属するなど旅行でも役立つはず。インナーのカシミアベストは温度調節に最適だ。

情緒あふれる下町で現代アートに出合う

「スカイザバスハウス」  住所/東京都台東区谷中6-1- 23 柏湯跡 ☎︎03-3821-1144

「スカイザバスハウス」 住所/東京都台東区谷中6-1-23 柏湯跡 Tel:03-3821-1144


下町風情が残る台東区谷中の「スカイザバスハウス」は、築約200年の銭湯「柏湯」を改装したユニークなギャラリーだ。現代アートに特化したギャラリーとして、国内外の多彩なアーティストの展覧会を開催する。今春に催された「Numerical Beads Painting」(現在は終了)は、現代アーティスト宮島達男の展覧会。1980年代にLEDを用いた作品を発表し、世界的に注目された宮島氏だが、LED作品に加え、初挑戦のペインティング作品が展示された。人の生涯を表す1から9までの数字を記したビーズをキャンバスに貼り付けた、示唆に富む作品だ。
次ページ > 洗練を極めた大人のデニムスタイル

direction by Akira Shimada photographs by Akira Maeda styling by Masayuki Sakurai hair & make-up by Jun Furukawa text by Yasuhiro Takeishi, Tetsuo Shinoda

この記事は 「Forbes JAPAN 2023年6月号」に掲載されています。 定期購読はこちら >>

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事