製品

2023.06.07 18:55

X68000 Z PRODUCT EDITIONが約3万円で一般発売へ

リリースベース(松村)
1159

1987年に発売された往年の銘機、シャープ「X68000」。これを、デザインをそのままに現代風にアレンジして復活させようと昨年クラウドファンディングを実施。今年3月から5月にかけて「X68000 Z LIMITED EDITION EARLY ACCESS KIT」として、出資した人へ出荷されました。

そして、いよいよ製品版として正式販売することになり、6月8日0時より予約受付を開始し、9月28日に発売することになりました。予約はAmazon瑞起ショップにて行います。価格は2万9535円から。

製品版「X68000 Z PRODUCT EDITION BLACK MODEL」は、グラックカラーを採用し、マンハッタンシェイプを踏襲しつつ、サイズは64×114×151mm、重量は約600グラムとミニサイズになっています。X68000エミュレータを搭載しEARLY ACCESS KIT版よりも実機に近い遊びを実現できるようにしているとのこと。

すべてのパックにゲーム用のコントローラー「JOYCARD」を同梱。オリジナルを忠実に再現しつつ、SELECTボタンやSTARTボタン、Lボタン・Rボタンを配置することで、現代の家庭用コントローラーとしても利用できる仕様になっています。

また、マウスはユーザーからの意見を反映させて、実機に近い左右独立したボタンとなり、さらにX68000 Zのサイズ感に合わせ、オリジナルデザインを踏襲したブラウン管風の5インチディスプレイも用意されています。

商品ラインアップは3種類で、本体に名作ゲーム「グラディウス」とJOYCARDをセットにした「スターターパック」(2万9535円)、これにキーボードとマウスを追加した「ベーシックパック」(6万5780円)。



さらにディスプレイと「X68000 Zのテーマ曲CD」、当時のゲームを複数タイトル収録した「ゲームコレクションVol.1」などを追加した「コンプリートパック」(8万7780円)となっています。マウスやキーボード、ゲームコレクション Vol.1などは単体として販売されるので、あとから購入も可能です。また、当時のX68000ユーザーを魅了した株式会社ズームのゲームを収録した「ZOOMパックⅠ」も同日より予約開始、8月8日に発売します。


筆者もX68000ユーザーでしたが、36年経ってこうして復活するというのは感慨深いものです。スターターパックとベーシックパックでかなりの価格差がありますが、マニアならキーボードとマウスは外せないでしょう。

プレスリリース:株式会社瑞起「伝説のパソコン「X68000」のリメイク版「X68000 Zシリーズ」最新モデル「X68000 Z PRODUCT EDITION BLACK MODEL」」より

文=飯島範久

ForbesBrandVoice

人気記事