北米

2023.05.23

S&P500は今後数カ月で最大17%の下落に、JPモルガンが予測

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Shutterstock

バンク・オブ・アメリカは、2023年末のS&P500種株価指数目標を4300ドルと従来の4000ドルから7.5%引き上げた。しかし、市場にはこのような楽観的見方を疑問視するさまざまな要因が現れている。

バンク・オブ・アメリカのサビタ・スブラマニアン率いるアナリストは、直近の企業のコスト削減努力と人工知能(AI)ブームがテクノロジー株の復活を後押ししていることを理由に、5月21日の顧客向けメモでS&P500のターゲットを引き上げた。

しかし、ウォール街の他の多くのアナリストは、はるかに弱気で、モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソンは21日に、ここ6カ月間のS&P500の約15%の上昇は「大量のパニック買いが引き起こした、すぐに失速する上昇に過ぎない」と書いた。ウィルソンはさらに、ここしばらくの市場の楽観が、AIの進歩や当局の金利の引き上げ意欲の低下などに起因しているが、今年の後半に訪れる深い業績後退を防ぐことはできないと指摘した。

ウィルソンのS&P500に対する弱気な見方は、別の市場データでも支持されている。J.P.モルガンのジェイソン・ハンターが率いるテクニカルグループは22日、今後数カ月の最も可能性が高いシナリオとして、S&P500が最大17%下落し、約3年ぶりの安値をつけると予測した。

今年の米国株の上昇は、インフレの緩和や金利引き上げの減速、企業収益の堅調さなどに支えられ、3月の歴史的な銀行危機ですら、市場の暴落には至らなかった。しかし、S&P500の上昇分のほとんどは、一握りのメガキャップのテクノロジー株に集中しており、市場の広がりのなさがウォール街に懸念をもたらしている。

ニュースレター「ザ・セブンズ・リポート」を創業したメリルリンチの元トレーダーのトム・エッセイは21日、単に重大な懸念事項がないことが理由で株価が上昇するという見方は「もう古い」と書き、S&P500がさらに上昇するためには「実質的なポジティブなソリューション」が必要であると指摘した。

forbes.com 原文

編集=上田裕資

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事