Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

消費経済:小売業とそれを改革する人々について執筆

右からDVF創業者ダイアン・フォン・ファステンバーグ (Getty Image)と、Tory Burch会長のトリー・バーチ(Courtesy Tory Burch)


フォーブズは5月、「独力で成功した米国女性長者50名リスト(America’s Richest Self-Made Women TOP50)」を発表した。

頂点に立ったのは、医療分野に新風を吹き込んだ血液検査会社Theranosの創業者、エリザベス・ホームズ(31)だったが、ファッション業界からも7人がランク入りした。いずれも流行を生み出すことで巨額の富を築いたパワフルな女性ばかり。彼女たちの華麗な経歴と資産額を紹介しよう。


Courtesy Gap Inc
Courtesy Gap Inc
ドリス・フィッシャー/ Doris Fisher
(Gap共同創業者)
純資産:31億ドル(約3840億円)


サンフランシスコ生まれのドリス・フィッシャーは1969年、夫の故ドナルドとGapを創業。社名の由来は「ジェネレーション・ギャップ」。ドナルドの体型に合うジーンズがなかなか見つからないことが起業のきっかけだった。6万3000ドルの資金を集めて開いた1号店では、ジーンズとレコードを販売した。
現在、同社はOld Navy、Banana Republic、スポーツウェアブランドのAthletaなどを傘下に持ち、2014年には3300店舗で164億ドルの売上高を記録した。


@Forbes.com
@Forbes.com
ジン・チャン/Jin Sook Chang
(Forever 21共同創業者)
純資産:30.5億ドル


1981年に韓国からアメリカに移住したジン・チャンと夫のドンは、3年間職を転々とした後、ロサンゼルスに衣料品店Fashion21をオープン。1年目に70万ドルを売上げて以降、半年ごとに新店舗を出店。社名もForever 21に改め、今や国内外の店舗数は680以上。これまで50回以上も著作権侵害で訴えられたが、今や約44億ドルの売上高を誇るファストファッションチェーンに成長させた。、ジンはマーチャンダイジング部門のチーフ、ドンはCEOを務めている。娘のエスターとリンダもマーチャンダイジング部門で働いている。


Courtesy Spanx
Courtesy Spanx
サラ・ブレイクリー/Sara Blakely
(Spanx創業者) 
純資産:10億ドル



矯正下着メーカーとしておなじみのSpanx創業者のサラは、フロリダのディズニー・ワールド・リゾートの案内係やFAX機の訪問販売員として働いていた。白い服の下に履いても透けず、体のシルエットを補正する下着が欲しいと思った彼女は27歳だった2000年に、預金5000ドルを注いで理想の下着を開発。発売から2ヶ月後に、人気TV司会者オプラ・ウィンフリーのお気に入りグッズとして紹介され、瞬く間にセレブ御用達アイテムとなった。それ以降、ヨガウェアや男性用下着、引き締め効果のあるジーンズなどを発表。近年はIPOの噂も出ているが株式は非公開の姿勢を貫いている。彼女はビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが設立した慈善財団Giving Pledgeに参加した初の女性ビリオネアとしても有名。


Courtesy Tory Burch
Courtesy Tory Burch
トリー・バーチ/Tory Burch
(Tory Burch会長) 
純資産:10億ドル



オプラ・ウィンフリーの番組で「これから来るファッション界の大物」と紹介されてから10年。トリー・バーチがマンハッタンで立ち上げたTory Burchは、評価額30億ドルを上回る小売帝国に成長した。プレッピー・ボヘミアン・シックと称される同ブランドは、1足200ドルのフラットシューズRevaが有名。昨年はFossilと組んで時計もリリースした他、フレグランスや化粧品の海外展開を開始。今後は全米流行中の「アスレジャー」(アスレチックとレジャーを組み合わせた造語)ブームに乗ってスポーツウェアにも進出する予定だ。2014年4月には、オバマ大統領からグローバル・アントレプレナーシップを推進するアンバサダー11人の一人に任命された。


Courtesy DKNY
Courtesy DKNY
ダナ・キャラン/Donna Karan
(DKNY創業者)
純資産:4.5億ドル



ニューヨーク・クイーンズで生まれ育ち、パーソンズ美術大学で学んだダナ・キャランは、Anne Kleinのデザイナーを経て1985年に独立。DKNYを設立した。キャリアウーマンに支持され、常に黒一色をまとった彼女自身もファッションアイコンとなった。1997年にCEOの座を退き、2000年に会社と商標権を高級ブランドグループ最大手のLVMHに売却して一財産を築いてからはデザイナーに専念。アパレルの他にホームグッズ、アクセサリー、フレグランスのラインも手がけている。最近は東洋医学やヒーリングからインスパイアされたジュエリーやインテリアグッズなどを扱うラインで、収益の10%をハイチの復興支援団体などに寄付するUrban Zenの活動にも注力している。


Getty Image
Getty Image
ダイアン・フォン・ファステンバーグ/Diane von Furstenberg
(DVF創業者)
純資産:4.5億ドル


1970年にデザイナー活動を開始。ラップワンピースで一世を風靡した。かつて女性解放運動のシンボルと言われた彼女のワンピースは今も根強い人気があり、ミシェル・オバマやグウィネス・パルトロー、マドンナなど著名人のファンも多い。DVFは現在70カ国でブランド展開しており、売上高はおよそ5億ドル。パラマウント映画や20世紀フォックスの会長兼CEOを歴任したメディア界の大物、バリー・ディラーを夫に持ち、2人の子供と共同で自社株を保有している。全米最大のLGBTの権利団体Human Rights Campaignの活動に共鳴し、支援者リストに名を連ねている。


Courtesy of VERA WANG
Courtesy of VERA WANG
ヴェラ・ウォン/Vera Wang
(Vera Wang創業者) 
純資産:4億ドル



ウェディングドレスのブランド、 Vera Wangを運営。ヴィクトリア・ベッカムが自らの結婚式で着用したほか、「セックス・アンド・ザ・シティ」でも女性らの憧れのドレスとして登場する。中国系アメリカ人のヴェラ・ウォンは、1990年にマディソン街に自身のサロンを開業。現代の花嫁にエレガントなオートクチュールデザインを提供し、ブライダル業界に革命を起こした。現在、世界各国に21の旗艦店を展開し、2012年には日本初の直営店を銀座にオープンした。10代の頃にフィギュアスケート選手として活躍した経歴を持つウォンは、ナンシー・ケリガン、ミシェル・クワンらオリンピック選手の衣装デザインも手がけている。

文=クレア・オコナー( Forbes)/ 編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE