Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版




「インキュベーター」、「デザイン思考」、「フルーガル・イノベーション」、「オープン・イノベーション」、「イノベーション・エコシステム」、「出口戦略」。ホットなこのキーワード、満点の説明をする自信はあるか。最新のワードから見えてくるのは、イノベーション界最前線アメリカと日本のスピード感の差だ。トレンドを追うだけでなくどのように利益や価値を最大化していくのかを追求するアメリカの攻めの姿勢は、希少性を求め守りにはいる日本と好対照である。イノベーター・企業・投資家・教育機関が交差する世界で、日本産アイデアの突破口はどこに存在するのか?欧米のチャレンジ精神に学ぶイノベーションアカデミー。

ロブ・シェルトン & ジェームズ・ソー

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい