Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

キャリア

2023.01.23

あなたの応募書類が採用側の目を引かない4つの理由

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

筆者は先日、ピンチャスという人から次のような質問を受けた。
 
「もっと目を引く応募書類を作るにはどうすればよいでしょう? 私の場合、受けた講座や資格の面で足りないものがあるのでしょうか、それともカバーレターに問題があるのでしょうか?」
 
求人に応募してすぐに採用される確実な方法があれば最高だが、ピンチャスは自分の応募書類のどこが障壁なのかを明らかにしそれを変えようと考えているため、正しい方向に向かっている。求職者の応募書類が採用側の目を引かない理由にはいくつかあり、その全てに対策が必要だ。
 
採用側も人間なので、それぞれ違いがあり、予想できない行動を取る。また、人材を必要とする管理職や人材あっせん業者は、たとえ同じ仕事でも異なる優先事項があるかもしれない。特定のキーワードやフレーズを検索するフィルターなどの技術も一つの要素で、こうした技術は人によって使い方が異なる。
 
このような変動性から、採用・不採用の理由を確実に知ることはできないが、次のような潜在的な理由を考慮して対策を打っておこう。

1. 応募資格を満たしていない

上級人事のゼネラリストを探していたある教育テック企業は、新たな人事情報システム(HRIS)プラットフォームに移行中であったことから、システム移行の経験を持つ人事専門家(特にそのパッケージソフトの経験がある人)を優先した。
 
全てのHRゼネラリストがシステム移行の経験を求められるわけではないが、この特定の役割ではこれが合否の重要な分かれ道となった。
 
この特定の求人で内定を得るには、HRISの経験や、さらには資格が役に立っただろう。しかし、目にする求人広告と自分を比較した際の経歴の穴を全て埋めようとすれば「もぐらたたき」のようになる。
 
求められる資格は会社によって異なるが、自分にはないスキルや資格が繰り返し求められていることに気づいた場合は、それを何としても埋めること。ただし、問題はこれだけではない可能性を認識しておこう。

2. カバーレターを読んだ相手が詳細を見る気にならない

全ての雇用主がカバーレターを求めるわけではないし、全てのカバーレターが読まれるわけでもない。それでも、カバーレターは雇用の穴やキャリア転換など、あなたの経歴が一般的なものと異なる経緯を説明する上で特に有益なものとなり得る。カバーレターは、履歴書を補完する役割を果たしてくれる。
次ページ > カバーレターのカスタマイズと素早い応募

翻訳・編集=出田静

編集部が選ぶおすすめ記事

ForbesBrandVoice

人気記事