Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

30U30

2023.01.25

NBAのスター選手は、どのように「ただのリッチから富裕」になったのか

  • twitter
  • facebook
  • LINE

フィラデルフィアのスターセンター、ジョエル・エンビード

Forbes30 Under 30に選ばれたフィラデルフィアのスターセンターは、百万ドル(数億円)のエンドースメント契約よりも大きな報酬を視野に入れている。

ジョエル・エンビードに1インチでも与えれば、このフィラデルフィア76ers(全米プロバスケットボール協会のチーム)のスターセブンフッターは、猛烈な勢いで目の前でダンクを決める。彼のスペースに入ると、彼はとても器用な腕でシュートを弾く。そして、その後彼は、その創造性とその残虐性のためにNBAの周りで賞賛されるトラッシュトーク(記者会見や試合中にダーティーな言葉で相手を挑発し、心理面を揺さぶること)でそれについて語る。

「彼は容赦ないんです」、億万長者でFanatics(ファナティックス)CEOのマイケル ・ ルービンは言う。彼は一年前、ジョエル・エンビードにチームのオーナーとして会い、昨年チームの株式を販売以来も、彼の親友の1人だ。彼は、エンビードがモノポリーで彼の幼い娘を容赦なく倒した話や、この夏の恥ずかしい逸話も語っている。

「ジョエルはハンプトンズの私の家にいて、彼は私たちと5対1のバスケットボールをしたいと言い出しました」とルービンは言う。「立派な5人組でした。彼は私たちを15対13とかで負かしました。半分くらいの選手は怪我をさせられたと思います。彼がボールを持つたびに、自分の体を死の危険にさらすしかないと思いました」。

「彼は何があっても誰にも引き下がりません。何であれ、彼は文字通り、あなたを殺そうとしています」。

28歳のエンビードは、彼の世代の最も支配的なプレーヤーで、5回のオールスターと最後の2シーズンのリーグMVP投票の次点だった。また、今シーズンの給与3360万ドル(約43億円)に加えて、エンドースメントとライセンス収入から推定800万ドル(約10億円)で、彼は世界で最も高給のアスリートの一人になった。

最近、Forbesのスポーツ部門「30 Under 30」に選ばれたエンビードは、これ以上お金は必要ないと認めている、「でも、私は負けず嫌いなんです」。

「エンドースメントというビジネスモデルは素晴らしいですが、それで裕福になれる方法ではないです」と、エンビードは言う。「私はまだ自分が何に興味があるのか、何をしたいのかを見つけようとしているので、人生の中で多くのことを学んでいる時期なのです。だから、この夏は、たくさんの人に出会って、ただのリッチから裕福になるためのベストなモデルについて教えてもらったことが大きかったんです」。
次ページ > どのNBA選手よりも高い財政意識

編集部が選ぶおすすめ記事

翻訳=上西雄太

ForbesBrandVoice

人気記事