応募 閉じる

PICK UP

スポーツビジネスを専門としつつ、不定期に教育およびローカルエコノミーに関する記事を執筆

年収額2,300万ドル(約28億円)で58位にランクインしたニューヨークヤンキース田中将大(26歳) (Photo by Jim McIsaac/Getty Images)

フォーブスは6月10日、「世界で最も稼ぐスポーツ選手」2015年版ランキングを公開した。1位に立ったのはボクシング界の帝王、フロイド・メイウェザー・ジュニア。先月、ラスベガスで開催された対パッキャオ戦も記憶に新しい彼は、年間3億ドル(約368億円)という金額を稼ぎ出し、これまでスポーツ選手としては最高額だったダイガーウッズの記録、年間1.15億ドル(2008年度)を大幅に塗り替えた。

2位はその対戦相手だったパッキャオで年収は1.6億ドル(約196億円)。その大半をメイウェザー・ジュニアとのファイトマネーから獲得した。

3位はレアルマドリード所属のサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドで年収額は7960万ドル(約97億円)。4位には同じくサッカー界からリオネル・メッシ。5位にはテニスのロジャー・フェデラーがランクインしている。

日本からはニューヨークヤンキースの田中将大(26歳)が年収額2,300万ドル(約28億円)で58位テニスの錦織圭(25歳)が1,950万ドル(約23億円)で92位にランクインした。上位20名のメンバーは下記の通り。

1位:フロイド・メイウェザー・ジュニア
ボクシング/3億ドル

2位:マニー・パッキャオ
ボクシング/1.6億ドル

3位:クリスティアーノ・ロナウド
サッカー/7,900万ドル

4位:リオネル・アンドレス・メッシ
サッカー/7,380万ドル

5位:ロジャー・フェデラー
テニス/6,700万ドル

6位:レブロン・ジェームズ
バスケットボール/6,480万ドル

7位:ケビン・デュラント
バスケットボール/5,410万ドル

8位:フィル・ミケルソン
ゴルフ/5,080万ドル

9位:タイガー・ウッズ
ゴルフ/5,060万ドル

10位:コービー・ブライアント
バスケットボール/4,950万ドル

11位:ベン・ロスリスバーガー
アメリカンフットボール/4,890万ドル

12位:ローリー・マキロイ
ゴルフ/4,830万ドル

13位:ノバク・ジョコビッチ
テニス/4,820万ドル

14位:ズラタン・イブラヒモヴィッチ
サッカー/3,910万ドル

15位:ルイス・ハミルトン
カーレーシング/3,900万ドル

16位:エンダムカン・スー
アメリカンフットボール/3,860万ドル

17位:フェルナンド・アロンソ
カーレーシング/3,550万ドル

18位:ガレス・ベイル
サッカー/3,500万ドル

19位:ジョナサン・レスター
ベースボール/3,410万ドル

20位:デリック・ローズ
バスケットボール/3,390万ドル

上記の金額は年俸などの競技活動によって得られるものと、広告などの競技活動以外での収入の合計。したがって、既に引退している選手がランクインする場合もある。
フォーブスが公開した100名の全リストはこちらから閲覧可能。

フォーブス誌公式HP
リンク:http://www.forbes.com/athletes/list/#tab:overall

文=カート・バーデンハウゼン(Forbes)/ 翻訳編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい