Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

60歳以降も働きたい女性は約8割、老後のお金に不安

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

日本の企業では一般的に取り入れられている定年制度。1970年代以前は55歳が一般的だったが段階的に引き上げられ、2021年4月からは70歳までの働く機会の確保が企業の努力義務となった。

人生100年時代。政府は高齢者の雇用を促進しているが、何歳まで働き、何歳で引退するのか。中でも2人に1人が90歳まで生きるとされる女性には、長く働き続けたいと考える人が多く、その背景には老後への不安があることが調査で分かった。

キャリアデザインセンターは、女性向け転職サイト「女の転職type」の会員女性749名を対象に、「いつまで働くか」に関するリサーチを実施。最多の回答が「60~65歳」で46.1%。次いで「70~80歳」(14.2%)、「一生涯」、「40~55歳」(いずれも17.4%)という結果に。一般的な定年である60歳以上と答えた割合は約8割を占めた。

何歳くらいまで働きたいか

続いて60歳以上になっても働き続けたいと答えた人に、60歳以降は週何日くらい働きたいと思うかを尋ねると、「週3~4日」が最多で7割超に。60歳以降は、現役時代と比べてペースを落として働きたいと考えている人が多い様子が窺えた。

さらに、60歳以降にしたい仕事内容については、1位が「簡易的な仕事を無理なくやりたい」で29.2%。2位「現役時代(今)の経験を活かして別の仕事をしたい」(22.8%)、3位「現役時代(今)と同じような仕事を続けたい」(19.4%)と続いた。

一方で、「興味はあるがやったことがない仕事をやってみたい」の回答も約2割に上り、シニアになって新しい領域にチャレンジしたいという姿勢を見せる人もいた。

60歳以降にひと月で稼ぎたい金額を聞くと、「10~19万円」が最多で約半数を占めたほか、次いで「20~29万円」(33.5%)、「30~39万円」(9.6%)の順に。平均金額は17.6万円だった。

また、老後にどのような不安があるかを質問すると(複数回答可)、1位が「お金に困らないか」で92%。2位「健康でいられるか」(71.6%)、3位「孤独にならないか」(43.7%)、4位「住む場所に困らないか」(38.5%)、5位「生きがいを見つけられるか」(33.2%)という結果に。

老後のお金や健康について不安を抱える人が多い現状が、浮き彫りになった。一方で、「とくに不安はない」と答えた人は1.9%にとどまった。

老後にどのような不安があるか

「女の転職type」編集長の小林佳代子氏は、「半数以上の女性が一般的な定年の60歳よりも長く働きたいと回答している。一方、総務省の『労働力調査』によれば65歳以上の女性の労働力率は18.4%(※)で、理想と現状では大きなギャップがある。

長く安心して働き続けるために大切なのは、やはりスキルを身に付けること。どんなに安定した企業でも思いがけない出来事で急な経営悪化、リストラ、倒産も起こりえる。いざという時に求められる人材であり続けるためには、スキルを身に付けること、スキルが身に付く環境を選ぶことが大事」と考察。

そうした背景から、未経験からITエンジニアを目指せる求人に人気が集中していると述べた。

※ 総務省統計局「労働力調査」2021年
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/index.pdf

文 = 大柏真佑実

編集部が選ぶおすすめ記事

ForbesBrandVoice

人気記事