Close

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版




経営者の態度や言葉には“知恵”が詰まっている―。
筆者が朝食やディナー、インタビュー、テレビ電話で話を聞いたアメリカ一流の経営者が教えてくれた「経営のこぼれ話」。

ダグ・バーガム Arthur Ventures (ベンチャーキャピタル)

「“辺境”での成功体験は貴重である」

ダグ・バーガムは、ノースダコタ州に拠点を置くグレートプレーンズ・ソフトウェアをマイクロソフトに11 億ドルで売却後、アーサー・ベンチャーズを立ち上げた。

現在、オーストラリア・シドニーのクラウドソフトウェアメーカーのアトラシアンを有望なターゲットとした。「シドニーは大都会とはいえ、シリコンバレーに比べれば辺境。ハンディを理解できる投資家を求めていた」と話し、アメリカの“辺境”での成功体験が貴重だったという。

リッチ・カールガード=文 浦辺忠徳/パラ・アルタ=翻訳

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい