【お詫び】 Forbes JAPAN電子版不具合のお知らせ

ビジネス

2022.12.03

米CNNが「組織の心と魂」を直撃するレイオフを開始

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

CNNのボスであるクリス・リヒトは、同ネットワークの従業員に対し、一連のレイオフを開始したことを伝え、この人員削減は「この組織の心と魂」を直撃する「パンチ」であると電子メールで示唆した。CNNの報道によると、このレイオフは最終的に数百人のCNNスタッフを巻き込み、この数年でもっとも深刻な人員削減となる。「誰にとっても困難な時期になるだろう」とリヒトはメッセージの中で述べた。

「CNNの同僚」宛てに送られたリヒトのメールは、数週間前から社内で流れている広範囲なレイオフの噂を裏づけるもので、CNNの長年のジャーナリスト、編集、制作スタッフの間でも不安感が広がっている。リヒトは「CNNチームの誰か1人、ましてや多くのメンバーに別れを告げるのは信じられないほどつらい」としながらも、今回の削減は「再調整された報道戦略の一部」であると述べた。


リヒトのメールによると、CNNの有料寄稿者は最初に人員削減の対象となり、CNNが過去数年間多用してきた、党派的寄稿者によるニュースや政治のパネル討論という形式から脱却することを示唆している。

この人員削減はCNNの視聴率危機が続いているなかで行われた。CNNは2022年、プライムタイムの視聴率が大幅に低下し、全米の広告主が最も重視する25〜54歳の視聴者層で69%も落ち込んだのである。パンデミックと大統領選の両方があった2020年の報道が落ち着くに従い、ケーブルニュース全体で視聴率が低下したことが一因だ。しかし、CNNがプライムタイムでFox NewsやMSNBCに対抗できない状況は強まるばかりで、リヒトはCNNとは何かということを考え直す必要に迫られたのだ。

リヒトの「再調整された報道戦略」がどのようなものかはいまだ不明だ。リヒトとワーナー・ブラザース・ディスカバリーの上司たちは、CNNをオピニオンから、ジャーナリズムという中核的使命に戻すことについて繰り返し発言している。リヒトは、それはCNNを両陣営の真ん中に置くような形式に移行させることではないと主張している。「私のビジョンに対する最大の誤解の1つは、『私がありきたりな中道でありたいと思っている』ということです」と彼はフィナンシャル・タイムズに語った。「説得力がなければならないし、エッジを効かせなければならなりません」
次ページ > 「大幅コスト削減で視聴率が上がるだろうか」という重大な問題に直面

編集部が選ぶおすすめ記事

翻訳=上西 雄太

ForbesBrandVoice

人気記事