ビジネス

2022.11.17

Pepperいまだ現役、小学生向けPepperプログラミング教室がソフトバンクショップで開講

公式サイトより

まだまだペッパーくんは健在です。すでに生産停止の人型ロボット「Pepper」ですが、小学生向けのプログラミング教室を開講することになりました。実施場所はソフトバンクショップ 約100店舗で、11月下旬からスタートします。

2020年4月から、小学校教育において必修化されたプログラミング教育によって、プログラミング教室が注目されてきましたが、実際に子供を通わせている家庭というのは、それなりにITリテラシーが高く、収入もそれなりにあるというのが原状ではないでしょうか。

ソフトバンクでは、これまでPepperを動かす「Robo Blocks」とともに教育機関向けへ教材の提供を行ってきており、2022年3月時点で全国の小中学校を中心に1300の教育機関で活用されてきました。



今回、近所にあるソフトバンクショップで「Pepperブログラミング教室」を開講することで、より気軽に受講しプログラミングに興味を持ってもらおうと企画。無料体験講座と3ヶ月6回の短期有料講座(教材費込みで19,800円)の2つのプランを用意しています。

まずは、無料体験講座として小学校3・4年、5・6年でそれぞれのカリキュラムに分けて実施。40分間でRobo Blocksを使ったプログラミングを体験できます。その後2023年1月より有料講座を実施していくとしています。

プログラミング教室はさまざまなタイプがありますが、ペッバーくんを動作させるためのプログラミングというのは子供たちにとっても興味津々なのではないでしょうか。自分が考えたとおりに動いたときの喜びは、想像力と論理的能力を養う大きな力になると思います。

文 = 飯島範久

ForbesBrandVoice

人気記事