Forbes JAPAN Webサイトリニューアルに伴い、パスワードの再設定をお願いします

Oculus創業者「ゲームで死んだら実際に殺される」VRヘッドセット開発を発表

  • twitter
  • facebook
  • LINE

Getty Images

違う、これはマーク・ザッカーバーグがメタバースの追求に完全に心が奪われてしまっていることについて触れた記事ではない。むしろ、「Oculus VR」の創業者であり、Facebook(フェイスブック)に会社を売却し、退社後は主に国防技術に取り組んでいるパルマー・ラッキーについての記事だ。

彼は、ザッカーバーグが空回りしているメタバースの野望とは何の関係もないが、だからといって、彼がまだVRを使って、奇妙で、(今回の場合は)完全に狂ったことをやっていないとは限らないのだ。

【関連】シリコンバレーと決別した天才起業家、パルマー・ラッキーの現在

ラッキーは現在、VR内のゲームでプレイヤーが死ぬと、実際にプレイヤーを殺してしまうカスタムVRヘッドセットを作っているという。そう、文字どおり「殺して」しまうのだ。

ラッキーは自身のブログで、『ソードアート・オンライン』風の「ゲームの中で死んだら、現実でも死ぬ」ヘッドセットを作っていると述べている。そのゲームのシリーズでは、プレイヤーは巨大な没入型VR戦闘シムの中に閉じ込められ、ゲーム内で死ぬと現実でも死ぬことになり、勝利するか脱出する方法を考えなければならない。このコンセプトのラッキー版は、「指定のゲームオーバー」画面を選択すると、爆発して「ユーザーの脳を破壊する」電荷が搭載されたVRヘッドセットだそうだ。

ラッキーは、『ソードアート・オンライン』内の技術である現物版「NerveGear(ナーヴギア)」を設計するには、まだ道半ばだと嘆いている。

「良いニュースは、我々は真のNerveGearが完成する道のりの半分までやってきたということです」と語っている。「ただ悪いニュースは、今のところ、まだあなたを殺す部分に関して半分までしかわかっていないということです。完璧なVRの残り半分の設計が完成するのは、まだ何年も先の話です」という。

ラッキーは11月6日にこの殺人ヘッドセットの開発を公開した。ちなみに、2022年11月6日は『ソードアート・オンライン』で最初の「NerveGear」セットが起動した日だ。偶然ではないことは明らかだろう。
次ページ > 相変わらず、パルマー・ラッキーは別格だ

編集部が選ぶおすすめ記事

編集=Akihito Mizukoshi

タグ:

ForbesBrandVoice

人気記事