堅牢なダイバースは、サステナブルな時計だった

  • twitter
  • facebook
  • LINE

サブマーシブル クアランタクアロeスティール

堅牢なケースが魅力のパネライウォッチに、近年力を入れているサステナブルなモデルが登場。


機械式時計は一生もの、ともいわれており、メンテナンスさえしっかりしていれば長く使うことができる。
 
ただ、アンティークウォッチなど古い時計を見ると、ダメになっているものは機械がさび付いているケースが多い。ケースの隙間から水が入ったということである。つまり、同じ条件ならば防水性能の高い時計のほうが優位なのである。
 
であれば、ダイバーズウォッチということになる。このダイバーズウォッチは、ほかのモデルと違い、国際的にはISO、日本ではJISによって定義づけられている。それは、水深100mの潜水に耐え、その1.25倍の水圧に耐える耐圧性など、多くの要求事項があり、それらをクリアしたものだけが名乗れるのだ。人の生死にかかわることだけに、厳しい基準が設定されるのは当然のことでもある。

腕時計の多くは、戦争やレースなど過酷な状況下で使用され発展してきた歴史がある。そういう意味において、ダイバーズウォッチということであれば、パネライの右に出る存在はなかなかないように思える。

パネライの腕時計は、イタリア海軍より潜水部隊用時計を依頼されたことにはじまる。以降、軍事用ダイバーズウォッチとして、実践のなかで発展してきている。

そんなパネライのなかでも「サブマーシブル」は、ダイバーズウォッチ然とした容姿で人気である。この「サブマーシブル」は、1956年にエジプト海軍潜水特殊部隊用に製作された「エジツィアーノ」の系譜にあり、ドットが打たれた逆回転防止ベゼルやボリューム感のあるケースが特徴で、それが現在まで継承されている。

今年登場した「サブマーシブル クアランタクアトロ eスティール」も、ベゼルやインデックスのドット、3時位置のデイト表示、9時位置のスモールセコンド、そして独自のリュウズプロテクターなど、一目でパネライと、そして「サブマーシブル」とわかる意匠をもち合わせている。300mの防水性能を誇るダイバーズウォッチだ。

特筆すべきは、100%スクラップ鉄をリサイクルして生成された、eスティール。これにより時計総重量の約60%を再生素材で構成することに成功している。さらに装着されるファブリックストラップもリサイクル素材で構成された部分が30%あり、替えのストラップもリサイクルラバーとなっている。

この「サブマーシブル クアランタクアロeスティール」は、機械式時計のなかでも特に長く使用できる堅牢さをもち、環境への配慮も行き届いている。最上級のサステナブルウォッチでもあるのだ。



300mという強力な防水性能を支えるケースは、パネライが独自で開発したeSteel。そもそも過酷な任務に耐えうるため、ということからオーステナイト系ステンレススティール合金を使用しているパネライが、同様の基準を満たしていると認めたハイレベルな素材でもある。


パネライのアイコンでもある、特許取得済みのリュウズプロテクター。高い防水性能を支えている。

ムーブメント | 自動巻き Cal.P.900
ケース素材 | eスティール
ケース径 | 44㎜
価 格 | 1433300円(9月より価格変更)
問い合わせ | パネライ 0120-18-7110

text by Ryoji Fukutome

この記事は 「Forbes JAPAN No.098 2022年10月号(2022/8/24発売)」に掲載されています。 定期購読はこちら >>

タグ:

連載

WATCH & JEWELRY

ForbesBrandVoice

人気記事