Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

製菓会社フェレロ元社長、故・ミケーレ・フェレロ氏(写真右)



2015年2月14日、聖バレンタインデー。日本がチョコレート商戦で賑わうなか、ひとりのイタリア人がこの世を去った。製菓企業「フェレロ」の元社長で、昨年の「ビリオネアランキング」で22位に入ったミケーレ・フェレロ(写真右)だ。享年89歳だった。

同社は、母が営んでいた菓子店に由来する。第2次大戦中、カカオが割当制になったとき、困り果てた母のために父のピエトロが、代用品として「ヌテラ」というヘーゼルナッツペーストを開発したことかきっかけで生まれた。

ミケーレは、1950年に母から菓子店を引き継ぐや、海外での販売を始めた。そして、海外土産としても人気の高い「フェレロ・ロシェ」や、食玩が人気の卵型チョコレート「キンダーサプライズ」など、息の長いヒット商品を世に送り出した。特に、看板商品のヌテラは世界160カ国で売られるほどに広がった。今日栽培されるヘーゼルナッツの25%がヌテラになるほどだ。

一見、順調な人生だが、2011年には後継者と目されていた長男のピエトロを亡くすという試練も味わっている。まさにチョコレートのように、甘いながらもほろ苦さが感じられる人生だった。

フォーブス ジャパン編集部=文

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい