Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

世界のトップ企業と富豪たちのランク付けを担当

「世界最大の通信キャリア」ランキング6位にランクインしたソフトバンク / 孫 正義 氏



6月1日、フォーブスは「世界最大の通信キャリア」リスト2015年版を発表した。

首位に立ったのは世界最多の加入者数を誇る中国のチャイナ・モバイル。同社の企業価値は前年比で100億ドル近く上昇し、2800億ドルという途方も無い水準に近づいた。

中国からは他にも2つの国営企業、チャイナ・テレコム(10位)とチャイナ・ユニコム(12位)が上位15社圏内にランクインした。

2位は先日、AOLを約44億ドルで買収して注目を浴びた米・ベライゾン。米国の通信キャリア1位の座をAT&Tから奪還した。同社は好調な業績の伸びと市場価値の上昇により、Global 2000ランキング(http://www.forbes.com/global2000/list/)でも4ランク上昇し、22位に入っている。

今回のランキングのベースとなったGlobal 2000は、フォーブスが売上高、利益、資産、市場価値の4つの指標に基づいて選出した、世界で規模が最も大きく、実力が高い上場企業のランキング。

本年度の2000社は世界61ヵ国の企業で構成され、総売上高は39兆ドル、総利益は3兆ドル、資産総額は162兆ドル、時価総額は48兆ドルに及んだ。

今年のGlobal 2000は上位4つを中国の銀行(中国銀行、中国農業銀行、中国工商銀行、中国建設銀行)らが独占したが、世界的レベルでのネット接続の普及により、通信キャリア企業群は近年ますます、その存在感を高めている。

下記にフォーブスが発表した「世界最大の通信キャリア」ランキングを掲載する。(順位はGlobal 2000でのランク順。参考値として各社の市場価値を掲載した)

1位:チャイナ・モバイル
中国/2,715億ドル(市場価値。以下同)

china-mobile_416x416



2位:ベライゾン
米国/2,025 億ドル

verizon-communications_416x416



3位:AT&T
米国/1,730億ドル


att_416x416


 

4位:ボーダフォン
イギリス/880億ドル

vodafone_416x416


 

5位:NTT
日本/715億ドル

nippon-tel-tel_416x416


 

6位:ソフトバンク
日本/703億ドル

softbank_416x416


7位:ドイツテレコム
ドイツ/850億ドル

deutsche-telekom_416x416


8位:テレフォニカ
スペイン/723億ドル

telefonica_416x416


 

9位:América Móvil
メキシコ/745 億ドル

america-movil_416x416


10位:チャイナ・テレコム
中国/539 億ドル

china-telecom_416x416


 

11位:KDDI
日本/640 億ドル

kddi_416x416


 

12位:チャイナ・ユニコム
中国/398億ドル

china-unicom_416x416

 
 

13位:オレンジ
フランス/439億ドル

orange_416x416


 
 

14位:BT グループ
イギリス/554 億ドル

bt-group_416x416


 

15位:テルストラ
オーストラリア/591億ドル

telstra_416x416

文=ライアン・チェン(Forbes)/ 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい