Close RECOMMEND

国際モータージャーナリスト「ライオンのひと吠え」

SONY VISION-S 02

ソニーは、1979年にウォークマン、1984年にディスクマンを導入させて、我々の音楽の聞き方を変えた。さらに、1985年にハンディカムを登場させてカムコーダーの市場を大きく変え、1994年には、プレーステーションを世界のヒットにさせてゲームの世界を変身させた。1999年に、人工知能AIを採用する「アイボ」というペットロボットを発表。ユーザーが自らプログラミングすることが可能な初のロボット犬だった。

言うまでもなく、ソニーはそういう画期的な商品(ハード)を世に送り出してきただけでなく、「スパイダーマン」や「メン・イン・ブラック」などのコンテンツの領域でも多くの映画フランチャイズを持つ多彩な企業になっている。

そして、これからは電気自動車(EV)の世界にチャレンジするらしい。

SONY 発表の様子

先週、ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES 2022」でソニーの吉田憲一郎社長は、SUVタイプの試作車「VISION-S 02」をデビューさせると同時に、EVの事業化を検討するために、新会社「ソニー・モビリティ」を2022年春に設立すると発表した。実は2020年に、初めて公開した試作車「VISION-S」の公道試乗を通じて、EVの事業化に向けた本格的な動きを表明していた。今回のEV参入のニュースで、1月5日には東京株式市場でソニーグループ株は一時、前日比700円(5%)上昇した。

社内の写真

今は、「リビアン」や「ルーシッド」などの数多くのスタートアップがEV事業に突入してきているけど、正直な話、これからのEVの室内エンターテイメントのレベルをあげるのに不可欠な要素は音楽、映画、ゲームのコンテンツ。だから、それらをふんだんに持っているソニーほどぴったりの会社はないと思う。ソニーも「EVでエンターテイメントを外に持ち出す」と言っている。

文=ピーターライオン

ソニーEV
この著者の記事一覧へ

PICK UP

あなたにおすすめ