Close RECOMMEND

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

ハワイ諸島で観光が再開され、満員のワイキキビーチ(Photo by Theodore Trimmer/shutterstock.com)

2021年12月12日午前5時、まだ真っ暗なハワイの空に花火が打ち上げられた。2年ぶりのホノルルマラソンのスタートの合図だった。コロナ禍で大型イベントの開催は長いこと許可されていなかったが、12月から各種の規制が緩和。日本でもよく知られる国際イベントが再び開かれることとなった。

だがそのレースの直後から、感染者が爆発的に増えている。ホノルルマラソンとの関連はあるのか、オミクロン株の影響はどうなのか、ハワイ在住の筆者が紹介する。

ホノルルマラソン、約1万人が参加


ハワイ州では、12月1日から新型コロナに関する各種の規制を緩和。集会、イベントのほか、これまで収容人数の制限があったレストランやバー、ジムなどでも、100%の収容人数で運営できるようになった。さらに毎年12月に開催されているホノルルマラソンも、2年ぶりの開催が認められた。


規制緩和後のワイキキビーチ(Photo by Theodore Trimmer/shutterstock.com)

参加者はワクチン接種を終えていることが必須など、例年とは異なるルールが敷かれたが、無事に大会が開催されたことは、地元でも大きなニュースとなった。例年は日本人1万人を含む約3万人が参加するが、2021年の参加者は約9000人、日本からのランナーは約200人となった。

パンデミック以後初の大型イベントの開催は、ハワイ住民にとっても喜ばしいことだったが、その後のハワイの感染者数は決して好ましい状況ではない。11月までの一日の新規感染者数は100人~200人程度まで減少していたが、規制緩和を受け、12月中旬になると、再び感染者が爆発的に増加した。

12月23日から25日にかけては、3日間連続で1500人を突破し、過去最高を記録。勢いは止まらず、12月30日は3484人となり、1月になっても3000人を越える日が続いている。
次ページ > デルタ株によって感染者が急増した8月の感染者数は1日800人前後だったため、現在の感染者数がかつてないほど多いことがわかるだろう。
オミクロン株の影響は

文=佐藤まきこ

ハワイ新型コロナ

PICK UP

あなたにおすすめ