Close RECOMMEND

Forbes JAPAN Web編集部

ゲーム感覚で買い物できるアプリ「カイカイ」

コロナ禍で、ECサイトでの買い物がぐんと身近になった。企業やブランドのECは急速に進化し、ライブコマースやリモート接客など新たな手法も浸透してきた。その一方で、実際に触れて確かめられ、深いコミュニケーションがとれる「リアル店舗の良さ」も見直されている。

そんな中、「リアル店舗での買い物体験」に新たな価値を加えるサービスが、2022年春に日本に上陸する。シンガポール発の買い物アプリ「カイカイ」だ。

アプリ上で購入した商品を店舗で受け取ることができるアプリで、シンガポールでは2021年6月のローンチ以降、月に4億円以上の取引実績を達成している。

ゲーム感覚で買い物できるアプリ


カイカイの最大の特徴は、「今しか買えない」「ここでしか買えない」といったイベント性だ。アプリ上で、毎日正午と20時に大量の商品がアップされ、各回100秒以内に購入の意思決定をしなければならないという時限性がある。

アプリ上で画面をスライドすることで商品が次々と表示される仕掛けで、目当ての商品があれば「購入予約」を選択。予約後は、1週間以内に近くのリアル店舗で実際に商品を手に取ってから、購入・受け取りができる。

null
「カイカイ」での購入の流れ。制限時間以内にアイテムを探し、購入予約後は店舗で商品を受け取る

こうした斬新な購入プロセスに加えて、お得な「価格」も人気の理由だ。アプリを先行ローンチしたシンガポールでは、ファッションアイテムやコスメを中心に、店頭では見ることができないないほどの大幅な割引率で提供している。セールを行わないようなラグジュアリーブランドが出店して話題になることもある。

カイカイの日本でのグロースを担当する高橋君成によると、シンガポールでの商品の出品数は毎月30万点ほど。

「今年9月に大きなセールを実施したのですが、その際は10万点ほどでスタートしました。その後少しずつ規模を拡大していき、現在は新商品を入れたり、在庫数の減少に合わせた追加をしたりしながら出品数を維持しています」

null
Cosmose日本事業責任者の高橋君成

出品ブランドは、アプリ上でライブコマースイベントも実施できる。9月にシンガポールで実施したライブコマースでは、国民の約2%にあたる10万人が視聴し、4万件以上のコメントが集まる盛況だった。

同月には香港でもアプリをリリース。香港では、家電製品が特に人気だという。

文=尾田健太郎 取材・編集=田中友梨 撮影=杉能信介

PICK UP

あなたにおすすめ