Close RECOMMEND

I help people advocate for themselves and leverage opportunities.

Westend61 / Getty Images

うっかり違う人にメールを送ってしまったり、スマホを見ながら歩いたせいで足をぶつけてしまったりしたときに抱く気持ちは、皆同じだろう。慌てなければよかったとか、マルチタスクをしようとしなければよかった、と後悔する気持ちだ。以下に、こうしたミスを繰り返さないための3つのヒントを紹介する。

1. 落ち着く


全てを素早く行う必要はない。生活の中で、本当に緊急なものは少ない。ペースを落として落ち着くこと。急げば急ぐほど、ミスをしやすくなる。

2. 行動を見直す


落ち着いたら、自分が今している行動を見直すこと。より意図的にものを考え、次に同じ状況になったときのことを考えると、以前は見えなかったものが見えてくる。

急がねばならないとか、いつも忙しいと思っている人は多い。ストレスを感じた状態では、落ち着いて自分の行動や周囲の状況をしっかりと認識するのが難しくなる。

避けられたはずのミスをしてしまったら、今後はより慎重になること。

3. 現状と学びに感謝する


ミスをしてしまったことは事実だが、さらに悪い状況もあり得たかもしれない。足首を捻るだけでは済まず、脚の骨を折っていたかもしれないし、重要でないメールの宛先を間違う代わりに、社内の機密文書を外部の人に送ってしまっていたかもしれない。

自分のミスを反省しつつも、自分を責めすぎてはいけない。もしかしたらもっと悲惨な状態になっていたかもしれないと考えることで、大きな視野を保ち、ミスから学べたことに感謝できるのだ。

ミスから立ち直るのは簡単ではないかもしれない。しかしミスから学べば、将来の似た状況に対処しやすくなる。これを機に、自分を向上させられる。ミスは、有意義な変化と改善を促すのに役立つ。詩人のニッキ・ジョヴァンニは「人生にミスはつきもの。重要なのは、間違いを犯した後の対応だ」と述べている。改善のための努力をしよう。

ミスを犯してしまうのは面白くないが、ミスによって自分を成長させられる。まずは落ち着いて、自分の行動を見直すこと。そして、現状と自分が学んだことを振り返るのだ。

編集=遠藤宗生

PICK UP

あなたにおすすめ