Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

スエードジャケット121000円(タリアトーレ)、ニット25300円(ストラスブルゴ)、スカーフ19800円(ア ピース オブ シック/以上すべてストラスブルゴTEL0120-383-563)

Forbes JAPAN本誌で連載中の『紳士淑女の嗜み』。ファッションディレクターの森岡弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る。今回は12月号(10月25日発売)より、「タリアトーレ」のスエードジャケットと「ストラスブルゴ」のニットをピックアップ。


森岡 弘(以下、森岡):今月は「ストラスブルゴ」です。日本を代表するセレクトショップで、1990年の創業です。

小暮昌弘(以下、小暮):昔からよく存じております。HPを拝見すると「シンボルマークに依存することなく、ものづくりの本質を見極めること」とあります。イタリアを中心にした一級品のドレスクロージングと、ビジネスマンのオフにも似合う上質なカジュアルウェアまで揃えたショップですね。

森岡:ショップにはよく行きますが、ブランド自体はほかのセレクトショップにもあるものがセレクトされています。ただラインナップされているアイテムがほかのショップとは違っています。ちょっと艶感があるもの、いやらしくない範囲ですが、毒気のある洒落たものが揃っていると思います。

小暮:確か「ストラスブルゴ」は、大阪に出自をもつセレクトショップでしたね。

森岡:服好きの男性が、普通のものでは少しだけ物足りなくて、もうひとつアクセントを入れたいと思ったときに、選びそうな、ニュアンスがあるものを多く取り揃えています。

小暮:今回のジャケットはイタリアの「タリアトーレ」の製品ですね。プーリア州で1960年に創業のレラリオ社の2代目、ピノ・レラリオが立ち上げたブランド。ブランド名は「裁断士」という意味です。イタリアらしい職人気質とシャープなシルエットが特徴で、最近、日本でも人気のブランドです。

森岡:これもさまざまなセレクトショップで扱われていますが、ほかでは秋冬だとウール素材のオーソドックスなジャケットが並ぶことが多いと思います。ところが「ストラスブルゴ」は、ブラックのスエード素材のものまでも仕入れています。

小暮:こういうところに森岡さんは“艶感”とかいい意味での“毒気”を感じるのですね.

森岡:その通りです。

小暮:昔、イタリアの地方都市をいろいろと取材して回りました。小さな街でも必ず一軒ぐらいは洒落たものを独自の視点で集めているメンズショップがあって、そこに街中のお洒落な人が集まってくるのです。イタリアのファッションの底力を感じました。「ストラスブルゴ」のショップに入ったとき、私はそんなイタリアのメンズショップのにおいを感じました。

森岡:確かにそうかもしれません。もの選びにショップの個性というか、目指すべきスタイルが感じられるということですね。

小暮:そうです。

photograph by Masahiro Okamura | text by Masahiro Kogure | fashion direction by Hiroshi Morioka

紳士淑女の嗜み
VOL.18

過去と未来をつなぐ、極上ニット

VOL.20

伝統と革新をもつ老舗の次なる一手

PICK UP

あなたにおすすめ