Close RECOMMEND

Asia

Getty Images

インドネシアのスタートアップとしては、最速でユニコーンの地位を獲得したことで知られる株式取引アプリの「Ajaib」が先日、現地の銀行のブミアルタ(Bumi Arta)の24%の株式を取得した。

インドネシアではここ最近、銀行口座を持たない人々を金融サービスに取り込もうとするフィンテック企業による、伝統的な金融機関への出資や買収が相次いでいる。

インドネシア証券取引所に提出された書類によると、Ajaibは11月17日にブミアルタの株式55万4000株を約5000万ドルで取得した。Ajaibの共同創業者でCEOのAnderson Sumarliは、「当社のテクノロジーで、インドネシアの金融分野のインクルージョンを高め、スモールビジネスを支援していく」と述べている。

2018年創業のAjaibは、スタンフォード大学のMBAコースで出会ったSumarliとYada Piyajomkwanによって設立された。2人は昨年、フォーブスの「30アンダー30」のアジア部門に選出されていた。

Ajaibは昨年10月、ユーリ・ミルナーのDST Globalが主導した資金調達ラウンドで1億5300万ドルを調達し、評価額が10億ドルに達していた。このラウンドには、香港の李嘉誠のホライゾンベンチャーズやソフトバンクベンチャーズも参加していた。Ajaibは、GoTo、Bukalapak、Traveloka、Ovo、J&T Express、Xenditらに続くインドネシアで7番目のユニコーンだ。

インドネシアの銀行セクターでは、テクノロジー分野からの資金流入が続いており、後払いのフィンテック企業のクレディボ(Kredivo)は、約3100万ドルでバンク・ビスニズ・インターナショナルの過半数の株式を取得した。また、昨年末には、配車サービスのGojek(今年5月にGoToに改称)が傘下のDompet Karya Anak Bangsaを通じて、約1億5700万ドルでBank Jagoを買収した。

インドネシアは、デジタルバンキングの巨大な市場と言える。2020年の政府の調査によると、銀行口座を保有する国民は全体の40.3%の8027万人だった。一方、別の調査でインドネシアのスマートフォンの普及率は63%とされ、デジタル・バンキングのインフラが整っていることが示された。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ