Close RECOMMEND

台湾とアジア地域に関するあまり知られていない話題をカバー

Airwallex CEO ジャック・チャン(c)Airwallex

香港に本社を置くフィンテックのスタートアップ「Airwallex(空中雲匯)」は、9月のシリーズEラウンドで2億ドル(約220億円)を調達し、評価額が40億ドルに達していたが、それから約2カ月後の11月17日に、さらに1億ドルを調達したことを発表した。

今回の調達は、ローン・パイン・キャピタルの主導によるもので、評価額は55億ドル(約6300億円)に上昇した。Airwallexは、今回の調達が第3四半期の強力な業績を受けてのものだと述べている。同社の共同創業者でCEOのジャック・チャン(Jack Zhang)は、今回の1億ドルが、「当社のグローバルな拡大計画を加速させるM&Aの機会を促進する」と述べた。

ローン・パイン・キャピタルの共同CIOのデビッド・クレイバーは声明で、「Airwallexの未来は明るく、我々は彼らがグローバルな拡大を続けための支援を継続していきたい」と述べている。

声明によると、Airwallexは、7〜9月期に前年同期比165%の収益増を達成し、年間売上見通しが1億ドルを突破し、新たに200人を採用したという。

また、第3四半期には、アジア太平洋地域、欧州、中東で事業を拡大させ、米国でも「初期のモメンタム」が見えてきたという。Airwallexは、この四半期に香港と英国で「バーチャル従業員カード」を立ち上げ、シンガポールとマレーシアでライセンスを取得して東南アジア市場に進出した。

チャンは2015年にXijing DaiやMax Li、Lucy Liuらと共同でAirlallexを設立し、2017年にフォーブスの「30アンダー30アジア」に選出された。同社は、フォーブスが世界の非上場のトップクラウド企業を選出する「Cloud 100」にも選ばれていた。

Airwallexは、迅速なクロスボーダー決済を促進し、130カ国以上で約30種類の通貨をサポートしている。同社は、今年上半期の収益が前年同期比で約150%増加したと述べていた。

編集=上田裕資

スタートアップ

PICK UP

あなたにおすすめ