Close RECOMMEND

Getty Images

中国のアリババは11月18日の決算発表で、中国経済の減速と政府の規制強化の中で収益の伸びが鈍化するとの見通しを示し、株価の下落に拍車をかけた。

テクノロジーとEコマースの大手であるアリババは、期待外れの四半期の業績を報告し、今後1年間の収益予測を下方修正した。これを受けて、同社の株価は18日に11%以上の急落となり、19日金曜日にさらに2%以上下落した。

アリババの創業者で会長のジャック・マーは、かつて中国トップの富豪だったが、株価の下落により数十億ドルの資産を失った。フォーブスは、19日時点のマーの保有資産を386億ドルと試算している。彼の保有資産は、2020年10月27日にアリババの株価が史上最高値の約317ドルをつけた際に、666億ドルだった。

フィンテック企業のアント・グループの共同創業者でもあるマーにとって、今年は困難な年だった。彼は、昨年、中国政府の締め付けが強化されて以来、ほとんど公の場に姿を見せていない。

【関連】ジャック・マーだけではない、中国から「消えた富豪」たち
 
中国政府は昨年から、アリババやテンセント、バイドゥ、TikTokの運営元のバイトダンスなどの大手ハイテク企業の、反競争的な行為や個人情報の収集を非難し、監視を強化している。マーは、昨年11月に予定されていたアント・グループの350億ドル規模のIPOが、政府によって中止に追い込まれて以来、表舞台から姿を消している。アリババは、4月に独占禁止法違反の罰金として、中国で過去最高額の28億ドルを科されていた

アリババの株価は、今年に入ってから40%近く下落している。同社は、決算発表の中で、事業のオペレーションに影響を与える可能性のある規制環境や、プライバシーやデータ保護関連の規制や懸念について警告した。

中国の習近平国家主席は、規制強化に関して「一歩も引かない」と、株式調査大手CFRA のジョン・フリーマンは19日、Yahoo Financeに対して述べた。彼は、アリババ株に上場廃止のリスクがあると警告した。

編集=上田裕資

PICK UP

あなたにおすすめ