Close RECOMMEND

I write about the world's most successful entrepreneurs.

(c) Starbucks

新たな店舗フォーマットを模索するスターバックスが11月18日、レジで列に並ぶことなく買い物ができるアマゾンの技術を試験導入した新店舗を、ニューヨーク市内にオープンした。

アマゾンの自動チェックアウト技術を試験的に取り入れる「レジなし」店舗は、少なくとも3カ所に開設することが決まっているという。2店舗目は来年、ニューヨーク・タイムズ・ビルディング内に開業の予定。

これらはスターバックスと、アマゾンが2018年に1号店を開業したレジなしコンビニ「アマゾンゴー」が共同で運営する。最終的に何店舗の開業を目指すか、米国以外でもオープンする予定があるかについては、両社とも明らかにしていない。

新たな「サードプレイス」に


新店舗では、コーヒーを買いたいスターバックスの顧客は、モバイル注文を受け付けている他の飲食店と同様に、事前にアプリで欲しいものを注文。店に入ればすぐに、商品を受け取ることが可能になる。

顧客は携帯電話に入れたアマゾンゴーのアプリをスキャンするか、(手のひらで個人を識別する生体認証システム)「アマゾン・ワン」、またはクレジットカードを利用して入店する。

また、これらの店舗には、個別に利用できるワークスペースと、電源コンセントとUSBポートを備えた大型のテーブルが設置され、短時間で買い物を済ませたい人、座ってゆっくりしたい人のどちらにも、対応可能な店舗となることを目指す。

スターバックスのシニア・バイス・プレジデント、キャサリン・ヤングは、この新形態の店舗について、「従来のスターバックスの(自宅でも職場でもない)サードプレイスをもう少し、より簡単に(買い物ができるように)したもの」だと説明している。

「レジなし」店舗はスターバックスのメニューすべて取り揃え、買い物はロイヤルティ・プログラムの対象となる。一方、アマゾンもこの店舗で、自社のサラダやサンドイッチ、その他の商品を販売するが、それらの商品には、スターバックスのポイントは付かないという。

アマゾンは自社技術の販促が狙い


スターバックスは、アマゾンの「レジなし店舗」技術を試験的に導入することに同意した最大規模の企業となる。これは、他社にこの技術の導入を促したいアマゾンの新たな仕掛け。

アマゾンはすでに、この技術を使った実店舗を各国で展開している。だが、これまでのところ、他社に対するこの技術の販売は、順調ではない。ライセンス供与を昨年から開始したが、多くの小売業者は、最大の競争相手と見なすアマゾンとの提携に、消極的なのが現状だ。

また、ライセンス料も、利用する企業を増やす上での障壁の一つとなっているもよう。ニュース専門サイト、ビジネスインサイダーが入手した内部文書によると、アマゾンは年間の運用コストを、2020~23年の間に約75%引き下げることを目指しているという。

編集=木内涼子

スターバックスAmazon

PICK UP

あなたにおすすめ