Close RECOMMEND

最先端の経済誌「Forbes JAPAN」の記事紹介

日常に刺激をプラスする、粋なミッドシップのロードスター。


911とは違う、センスのよさを感じさせるクルマ


ポルシェ718ボクスターGTS4.0には多面的な楽しさがある。ふと思い出したのが、レコードにはA面とB面があることを例に出して、「ふたつの面で世界観が違っていたりして、CD2枚組みみたいなもの」という、サカナクションの山口一郎の発言だ。クルマだと、スポーツカーとマニュアル変速機(MT)の組み合わせに、同じことがいえるかもしれない。

718ボクスターGTS4.0は、6段MTを搭載。見事なハンドリングがA面なら、変速機はB面といっていいだろうか。

マツダのロードスターでもいい。一度でも、スポーツカーをMTで操縦したことがある人なら、エンジン回転を自分でコントロールできる、心が震えるような楽しさを知っているのではないか。

718ボクスターGTS4.0には、実は、CDなら4枚組みに相当する多面的な魅力がある。エンジンが4リッター6気筒の、それも自然吸気タイプであること。加えて、爽快なフルオープンボディ。

718ボクスターのラインナップには、4気筒ターボエンジンもあるものの、ポルシェは、大型のため敬遠されがちな6気筒を、あえて設定。911カブリオレより135kgも軽いボディの718ボクスターに、294kW(400ps)を7000rpmで出力する高回転型の6気筒エンジンを載せて、世界中のスポーツカーファンを驚喜させた。

電気モーターの性能や、充電インフラの整備や、運転支援システムの進化が話題になりがちな昨今、ガソリンエンジンの気筒数とか、変速機のフィールとかで魅力を訴求するクルマがあるのは、やっぱり、クルマ好きにはうれしい。

どのポルシェに乗るべきかといったとき、911はいい選択である。一方、718ボクスターは趣味人としてのセンスのよさを感じさせる。CDでも配信でもなくて、情報量の多いレコードのよさを知っている人。大事にしたい存在だ。



PORSCHE 718 Boxster GTS4.0

ボディ外寸|全長×全幅×全高=4390mm×1800mm×1270mm
車両重量|1440kg
駆動形式|MR
最高出力|294kW(400PS)
価格|1152万円
問い合わせ|https://www.porsche.com

ポルシェの新たなR&Dセンターはなぜ中国につくられた?




クルマ好き、なかでも輸入車好きにとって、大きな関心事は、自分の乗るクルマがどこでつくられているかにある。とりわけポルシェのようなピュアスポーツカーブランドは、本社工場製をよしとする傾向だ。一方、メーカーの最新の動きは、むしろ真逆。多様化する市場のニーズに合わせた、最適なソリューションは、ローカライゼーションにあるとする。

ポルシェでは、「来年から研究開発拠点を中国に設立し、マレーシアでは(同国向けの)小規模な生産工場を稼働させる」と、2021年8月に発表。さらにシェルと組んでの、東南アジアでハイパフォーマンスの充電ネットワーク構築も計画中とか。「中国を例にとれば、最大の市場のニーズをしっかり把握して製品づくりに反映させることが重要」。オリバー・ブルーメCEOはそう語っている。これが新時代なのだ。

photographs by Tsukuru Asada(MILD) | text by Fumio Ogawa | edited by Tsuzumi Aoyama

クルマの名鑑ポルシェ
VOL.43

ベントレーが、SUVの可能性を極限まで追求した...

VOL.1

イタリアらしい色気を放つ、マセラティのスポ...

PICK UP

あなたにおすすめ